Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 クライアント アップグレード for Autodesk Vault Server 2010 Readme

Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 用のクライアントアップグレードをインストールすることにより、Autodesk Vault Server 2010 と互換を持つように Autodesk Inventor 2008 クライアントがアップグレードされます。

対象製品

Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 でコンテンツセンターを使用している環境に、Autodesk Inventor 2010 をインストールし、Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 と Autodesk Inventor 2010 の両方のコンテンツセンターを使用する場合に、このアップグレードが必要となります。

※ 従来のバージョンの Autodesk Data Management Server (ADMS) は、2010リリースバージョンでは Autodesk Vault Server となります。

注1: Inventor 2008 Service Pack 3 から Autodesk Vault Server 2010 にアクセスする必要がない限り、このアップデートはインストールしないでください。

注2: コンテンツ センターを使用するには Autodesk Vault Server が必要です。

注3: ADMS 2008 がインストールされている場合は、Autodesk Vault Server 2010 (ADMS) をインストールする前に ADMS 2008 をアンインストールしてください。ADMS 2008 をアンインストールしても Autodesk Inventor 2008 コンテンツ センターのデータは削除されません。

このパッチによるアップグレード

コンテンツ センターでは、すべての標準コンテンツ データ格納機能として Autodesk Vault Server が使用されます。スタンドアロン マシンでインストールできる Autodesk Vault Server (ADMS) は 1 バージョンのみです。そのため、Autodesk Inventor 2008 と Autodesk Inventor 2010 をインストールしてコンテンツ センターを使用する場合、両方が同じ最新バージョンの Autodesk Vault Server 2010 にアクセスする必要があります。 本クライアント アップグレードをインストールすることにより、Autodesk Vault Server 2010 で、Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 と Autodesk Inventor 2010 の両方のバージョンのコンテンツ センター ライブラリを管理できるようになります。

インストールに関するご注意

インストール方法

  1. 使用しているアプリケーションを全て終了します。
  2. Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 クライアントアップグレード for Autodesk Vault Server 2010 のダウンロードファイル(.zip) をダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。 (このバージョンの Client Update for Autodesk Vault Server は、他のすべての言語版にも適用できます)。
  3. 解凍したファイルから Setup.exe をダブルクリックして実行します。
  4. このアップグレードのインストールが終了したことを示すダイアログは表示されません。正しくインストールされたことを確認するには、Windows のスタートメニューから[コントロールパネル] > [プログラムの追加と削除]の順に選択します。このアップグレードが正しくインストールされると[プログラムの追加と削除]に[Autodesk Inventor 2008 SP3 Client Update for Autodesk Vault Server 2010]が追加されます。

ダウンロード サイト

Autodesk Inventor 2008 Service Pack 3 クライアントアップグレード for Autodesk Vault Server 2010 は、http://www.autodesk.co.jp/inventor_download の[Service Pack & パッチ]からダウンロードできます。