Autodesk Map® 3D 2006 Service Pack 1 Readme


目次


Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1

お客様へより品質の高い製品を提供することを目的として、Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 をリリースいたしました。これにより製品リリース後に明らかになった問題を解決することができます。

この Readme には、Service Pack のインストールと使用に関する最新情報が記載されています。Service Pack をご使用の製品にインストールする前に、この Readme 全体を必ずお読みください。また、この Readme ファイルは、今後の参照用としてハードディスクに保存するか、必要に応じて印刷して内容を確認してください。

一般的な情報

Service Pack を適用する前に、カスタマイズしたすべての CUI、MNR、MNL ファイルのバックアップを必ず作成してください。

Service Pack のインストール/アンインストールには、Windows にログインするユーザ アカウントに管理者権限(Administrator)が必要です。

この Service Pack は、一度適用すると Service Pack のみをアンインストールすることはできません。Service Pack を適用する前の状態に戻すには、製品を一度アンインストールしてもう一度インストールする必要があります。

Service Pack は、管理者がネットワーク インストレーション ウィザードを使用してネットワーク上に配置することもできます。

この Service Pack には、Autodesk Map 3D のダウンロードページ の[Service Pack & パッチ]ページにアップロードされている以下の修正パッチは含まれていません。Service Pack を適用する前、または適用後にこれらの修正パッチを適用することをお勧めします。

この Service Pack には、Autodesk Map 3D のダウンロードページ の[Service Pack & パッチ]ページにアップロードされている「2005/06/30 カスタマイズ ユーザ インタフェース (CUI) アップデート」がふくまれています。この Service Pack をインストールした場合は「2005/06/30 カスタマイズ ユーザ インタフェース (CUI) アップデート」を適用する必要はありません。

Autodesk Civil 3D 2006 と Autodesk Map 3D 2006 を共存インストールしている場合のご注意

Autodesk Civil 3D 2006 と Autodesk Map 3D 2006 を同一のコンピュータに共存インストールしている環境で、Autodesk Civil 3D 2006 Service Pack 1 をインストールした後に Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 をインストールしようとすると、エラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージが表示された場合、無視してインストールを続行して問題ありません。 Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 は正常にインストールされます。

Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 の特徴

この Service Pack により、次の機能に対する更新が行われます。

Service Pack 1 による Autodesk Map 3D 2006 の改善事項の概要

Autodesk FDO Provider for ArcSDE を SQL Server および Oracle と接続する

ArcSDE Oracle および SQL Server のシステム要件

ArcSDE から提供される次のファイルが ¥Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥GIS¥FDO¥2.0¥ArcSDE フォルダまたはコマンド パスで指定された別のフォルダに存在する必要があります。

Autodesk FDO Provider for ArcSDE を Oracle に接続する場合、次のシステム要件が ArcSDE Server に適用されます。

Autodesk FDO Provider for ArcSDE を SQL Server に接続する場合、次のシステム要件が ArcSDE Server に適用されます。

Oracle 上の ArcSDE データベースに対する設定、アタッチ、接続を行う方法の詳細については、Autodesk Map 3D 2006 and ESRI ArcSDE Basics.pdf (英語版ドキュメント)を参照してください。

外部データベース

表示マネージャ

グローバライゼーション

トポロジ

インポート/エクスポート

Oracle

パフォーマンス

イメージ

Civil Extension

Service Pack 1 によって更新される Autodesk Map 3D 2006 のファイル

この Service Pack をインストールすることにより、製品およびインストールの種類に応じて、以下の Autodesk Map 3D 2006 のファイルが更新されます。

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥Civil

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥ja-JP

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥Help

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥sample¥civil 3d activex¥sample¥civil 3d api¥vba¥surfacepoints

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥sample¥civil 3d activex¥sample¥civil 3d api¥vba¥surfaceview

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥sample¥civil 3d activex¥sample¥civil 3d api¥vc++¥com c++

フォルダ:...Program Files¥Autodesk Map 3D 2006¥sample¥civil 3d activex¥sample¥civil 3d api¥vc++¥customdraw¥lib

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥gis¥fdo¥2.0

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥gis¥fdo¥2.0¥arcsde

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥gis¥fdo¥2.0¥Oracle

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥gis¥fdo¥2.0¥Oracle¥com


Service Pack 1 による AutoCAD 2006 の改善事項の概要

致命的エラーの発生が解消された操作

エラー レポート機能により報告された問題

エラー レポート機能によってユーザから詳細な情報が寄せられた結果、いくつかの問題が解決されました。次の分野で機能が更新されています。

一般的な更新

Service Pack に関するその他の変更点として、次のような機能の更新があります。

ActiveX API (AutoCAD のみ)

計算機能

データの書き出し(AutoCAD のみ)

寸法記入

ダイナミック ブロック

ダイナミック入力

ハッチング

キー変更子

画層

マイグレーション

修正

ObjectARX® および ObjectDBXTM (AutoCAD のみ)

OLE (Object Linking and Embedding)

オブジェクト スナップ

開く

オプション

印刷とパブリッシュ

プロファイル(AutoCAD のみ)

テキスト

ツール パレット

外部参照(xref)

Service Pack 1 によって更新される AutoCAD 2006 のファイル

この Service Pack をインストールすることにより、製品およびインストールの種類に応じて、次のファイルが更新されます。表示されているパス名について、「Product」の部分は AutoCAD などの該当する製品名を表します。

フォルダ:. . .Program Files¥Product

フォルダ:...Program Files¥Product¥Drv

フォルダ:...Program Files¥Product¥Express

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared

フォルダ:...Program Files¥Common Files¥Autodesk Shared¥Thumbnail


Windows コマンド ライン スイッチ

この Service Pack でサポートされているコマンド ライン スイッチは、以下のとおりです。

/e コマンド ライン スイッチおよび /p コマンド ライン スイッチの使用方法については、以降の「パッチ リストを使用してローカル ネットワークから Service Pack を適用する」を参照してください。

インストール手順

スタンドアロン環境に Service Pack を適用する

Service Pack を個別のコンピュータにインストールする場合、次の手順に従います。

スタンドアロン環境に Service Pack を適用するには

  1. 管理者権限(Administrators)でログインします。
  2. 起動しているアプリケーションをすべて終了します。
  3. Service Pack をダウンロードして任意のフォルダに保存します。
  4. Service Pack を保存したフォルダに移動し、実行可能(EXE)ファイルをダブルクリックして実行します。
  5. インストールが完了すると、「Service Pack のインストールは正常に完了しました。 Autodesk Map 3D 2006 - Japanese はアップデートされました。」と表示されます。[OK]ボタンをクリックしてインストールを終了します。

注: インストール時に Autodesk Map 3D 2006 製品 CD を CD ドライブにセットすることを促すメッセージが表示された場合は、Autodesk Map 3D 2006 製品 CD を CD ドライブに挿入してください。

パッチ リストを使用してローカル ネットワークから Service Pack を適用する

コミュニケーション センターを利用してローカル ネットワークから Service Pack を適用する場合、以下の手順を実行します。

ローカル パッチ リストを使用して Service Pack を適用するには

  1. ローカル コンピュータに Autodesk Map 3D 2006 の製品 CD 1/2 を挿入し、プロンプトの指示に従います。
  2. オートデスクの Web サイトから、ローカル サーバに EXE ファイルと <Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 Readme>.htm をダウンロードします。

    注: ダウンロード先のサーバに、Service Pack を必要とするすべてのユーザがアクセスできることを確認してください。

  3. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次のように入力し、[OK]をクリックします。

    ¥¥<ローカル サーバ名>_<パッチ名> /p <パッチ リストの場所の名前>¥<パッチ リスト名>

    たとえば、次のようになります。

    myserver¥patches¥AutodeskMap3D2006sp1SWL.exe /p c:¥patchlist.txt

    パッチ リスト ファイルのコンテンツは、ほぼ次のようになります。

    *****
    ProductCode={5783F2D7-4002-0409-0002-0060B0CE6BBA}
    ProductVersionCandidate=9.0.040.0
    PatchTitle=Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1
    PatchGUID={CD7F78ED-D5AF-432B-8E0F-8C1FA1F61E34}
    PatchFileLocation=¥¥¥¥<サーバ名>¥¥<共有名>¥¥<サブフォルダ>¥¥<パッチ名>.exe または ftp://<サーバ名>/<共有名>/<パス>/<パッチ名>.exe
    PatchSize=10225152
    PatchDesc=This Service Pack updates Autodesk Map 3D 2006 Locked.
    PatchDescLocation=¥¥¥¥<サーバ名>¥¥<共有名>¥¥<サブフォルダ>¥¥readme_name.html または
    ftp://<サーバ名>/<共有名>/<パス>/readme_name.html

    注: パッチ リスト ファイルがこの場所にすでに存在する場合は、新しいパッチ リストの情報が既存ファイルの末尾に追加されます。既存のファイルは上書きされません。

  4. パッチ リスト ファイルを開きます。複数のパッチ リストがある場合、リストはアスタリスク(*****)で区切られています。
  5. PatchFileLocation の箇所を次のように変更します。
    • Service Pack にファイル サーバを介してアクセスできるようにするには、次のように入力します。
      PatchFileLocation=¥¥¥¥<サーバ名>¥¥<共有名>¥¥<サブフォルダ> ¥¥<パッチ名>.exe
    • Service Pack に FTP サーバを介してアクセスできるようにするには、次のように入力します。
      ftp://<サーバ名>/<共有名>/<パス> /<パッチ名>.exe
  6. PatchDescLocation の箇所を次のように変更します。
    • Readme にファイル サーバを介してアクセスできるようにするには、次のように入力します。
      PatchDescLocation=¥¥¥¥<サーバ名>¥¥<共有名>¥¥<サブフォルダ> ¥¥<readme ファイル名>.html
    • Readme に FTP サーバを介してアクセスできるようにするには、次のように入力します。
      ftp:////<サーバ名>//<共有名>//<パス> //<readme ファイル名>.html
  7. パッチ リスト ファイルを保存して閉じます。
  8. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次のデータを入力します。

    <CD ドライブ文字:>¥CDROM:¥BIN¥ACADFeui¥Support¥CADManagerControl

  9. CMControl.exe をダブルクリックします。
  10. CAD 管理者コントロール ユーティリティの製品リストで Autodesk Map 3D 2006 を選択して、[OK]をクリックします。
  11. CAD 管理者コントロール ユーティリティの[コミュニケーション センター]タブで、次の操作を実行します。
    • [Live Update の環境設定]リストで、[ローカル パッチリストを使用してアクセス]を選択します。
    • [ローカル パッチ リストの場所]ボックスに、手順 2 で入力したのと同じローカル パッチ リストの場所を入力します。
    • [適用]をクリックしてこれらの設定をシステムに保存します。
  12. CAD 管理者コントロール ユーティリティの最下部のドロップ ダウン リストで、[.reg レジストリ ファイルを作成]を選択します。次に、[OK]をクリックします。
  13. [名前を付けて保存]ボックスで、ファイルを自分のシステムに保存します。この場所をメモしておいてください。

これで、各ユーザがレジストリ ファイルを使用できるようになりました。

Service Pack を Autodesk Map 3D 2006 に適用する

次に説明する Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 の 2 つの適用方法は、Autodesk Map 3D 2006 ネットワーク インストレーション ウィザードで作成された管理イメージにのみ適用されます。これらの手順を完了すると、Autodesk Map 3D 2006 のネットワーク管理イメージに Service Pack が自動的に適用されます。

注: どちらの手順でも、ダウンロードするパッチ(Service Pack)ファイルには MSP (Microsoft Patch)ファイルが含まれています。このファイルは、実行可能ファイルから抽出することができます。実行可能ファイルから MSP ファイルを抽出するには、/e ("extract")スイッチを使用します。

Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 を新しい Autodesk Map 3D 2006 管理イメージに適用するには

  1. オートデスクの Web サイトから、EXE をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]をクリックし、<ローカル ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名.msp> と入力します。次に、[OK]をクリックします。
  3. ネットワーク インストレーション ウィザードがインストールされているコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから、[Autodesk] > [ネットワーク インストレーション ウィザード]をクリックします。
  4. ネットワーク インストレーション ウィザードの[ようこそ]ページで、[管理イメージを作成]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを作成]ページの[オートデスク インストーラ (MSI) ファイルを選択]ボックスで、acadmap.msi へのパスを入力します。 この MSI ファイルは、管理イメージのベースとして使用されます。このファイルは、製品 CD-ROM の CDROM:¥BIN¥ACADFeui に配置されています。
  6. [管理イメージの場所]に、管理イメージを作成する既存のネットワーク共有フォルダを入力するか、[…](参照)ボタンをクリックして場所を検索します。各ユーザはこの場所から Autodesk Map 3D 2005 をインストールします。
  7. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  8. [パッチを選択]ボックスにパッチの場所を入力します(手順 2 で入力した場所。 拡張子「.msp」まで入力してください)。MSP ファイルの場所は、[…](参照)ボタンをクリックして指定することもできます。
  9. [次へ]をクリックし、ネットワーク インストレーション ウィザードに表示される指示に従って Service Pack の配置を完了します。

Autodesk Map 3D 2006 Service Pack 1 を既存の Autodesk Map 3D 2006 管理イメージに適用するには

  1. オートデスク Web サイトから、EXE をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]をクリックし、<ローカル ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名.msp> と入力します。次に、[OK]をクリックします。
  3. ネットワーク インストレーション ウィザードがインストールされているコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから、[Autodesk] > [ネットワーク インストレーション ウィザード]をクリックします。
  4. ネットワーク インストレーション ウィザードの[ようこそ]ページで、[管理イメージを修正]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを修正]ページの[MSI ファイルを選択]ボックスで、修正する管理イメージが配置されている既存の共有ネットワーク フォルダから、既存のオートデスク インストーラ ファイル(MSI)を選択します。各ユーザはこの場所から Autodesk Map 3D をインストールできます。
  6. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  7. [パッチを選択]ボックスにパッチの場所を入力します(手順 2 で入力した場所。 拡張子「.msp」まで入力してください)。または、[…](参照)ボタンをクリックして MSP ファイルの場所を指定できます。
  8. [次へ]をクリックし、ネットワーク インストレーション ウィザードに表示される指示に従って Service Pack の配置を完了します。

Copyright ® 2005 Autodesk, Inc.