AutoCAD Electrical 2013 Service Pack 2 Readme

AutoCAD® Electrical 2013 Service Pack 2 をダウンロードしていただき、ありがとうございます。

この Readme には、Service Pack のインストールおよび使用に関する最新の情報が記載されています。お使いの製品に Service Pack を適用する前に、Readme 全体を必ずお読みください。参照用として、このドキュメントをハード ディスクに保存するか、印刷してください。

目次

この Service Pack は、対応する言語のオペレーティング システム上で実行される次のオートデスク製品に適用することができます。ご使用中のソフトウェアに対する正しい Service Pack をインストールしてください。

製品
Service Pack
AutoCAD Electrical 2013 (32-bit) Ace2013_SWL_SP2.exe
AutoCAD Electrical 2013 (64-bit) Ace2013_SWL_SP2_x64.exe

この Service Pack は、スタンドアロン アプリケーションとしてインストールした AutoCAD Electrical 2013 および、Autodesk Product Design Suite 2013 からインストールした AutoCAD Electrical 2013 に適用することができます。

先頭に戻る

AutoCAD Electrical の実行中にこの Service Pack を適用する場合、[セットアップ完了後、アプリケーションを自動的に終了して、再起動する]オプションは選択しないでください。代わりに、手動で AutoCAD Electorical を終了し、ダイアログ ボックスの[アプリケーションを終了しない(再起動が必要になる場合があります)]をクリックしてください。また、Service Pack をインストールした後、システムを再起動することをお勧めします。

先頭に戻る

Service Pack 2 をインストールした 32 ビット版および 64 ビット版 AutoCAD Electrical 2013 は、次のオペレーティング システムのエディションをサポートしています。

先頭に戻る

注: AutoCAD Electrical 2013 Service Pack 2 には AutoCAD 2013 Service Pack 2 が含まれています。AutoCAD 2013 Service Pack 2 によって解決された問題については、AutoCAD サービス & サポートのダウンロードページの「更新プログラム & Service Pack」からご 覧いただけます。

次の問題点が解決されました。

ダイアログ

Service Pack 1

Design Center

Service Pack 2

コンポーネント/機器シンボルを挿入/編集

Service Pack 1

マーキング メニュー

Service Pack 2

プロジェクト マネージャ

Service Pack 1

Service Pack 2

OLE

Service Pack 2

パフォーマンス

Service Pack 1

リボン

Service Pack 2

端子台エディタ

Service Pack 2

端子台テーブル ジェネレータ

Service Pack 1

配線

Service Pack 1

先頭に戻る

注: AutoCAD Electrical のパッチとともに Autodesk Sync (AdSync)パッチが自動的にインストールされます。

先頭に戻る

インストールを開始する前に

この Service Pack をインストールする前に、次の点に留意してください。

カスタム ファイルのバックアップ

この Service Pack を適用する前に、カスタマイズした CUIX、MNR、MNL の各ファイルをバックアップしておくことをお勧めします。

管理者権限

インストール中に、元のインストレーション メディアまたはネットワーク上の管理イメージを指定するよう求められることがあります。この Service Pack を適用するには、製品のインストールおよびアンインストールを実行するための管理者権限が必要です。

ネットワーク配置

管理者は、配置ウィザードを使用してネットワーク上にこの Service Pack を配置することができます。

製品のバージョン情報

Service Pack のインストール後、[バージョン情報]ダイアログ ボックスに、更新された製品のバージョン情報が表示されます。

再起動

インストールした後は、プロンプトが表示されなくてもシステムを再起動することをお勧めします。

先頭に戻る

Windows のコマンド ライン スイッチについて

この Service Pack には、次の Microsoft Windows コマンド ライン スイッチが組み込まれています。

/e コマンド ライン スイッチの使い方については、後述のインストール手順内で説明します。

先頭に戻る

この Service Pack をスタンドアロン インストレーションに適用する

この Service Pack を 1 台のコンピュータにインストールするには、次の手順に従います。

  1. Service Pack をダウンロードし、任意のフォルダに保存します。
  2. 必要に応じて、製品メディア(例: AutoCAD Electrical インストール ディスク)を挿入します。
  3. Service Pack を保存したフォルダに移動し、実行(EXE)ファイルをダブルクリックします。

先頭に戻る

この Service Pack をローカル ネットワーク経由で適用する

ローカル ネットワークを使用して、複数台のコンピュータにこの Service Pack をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Service Pack をダウンロードし、ローカル ネットワーク上の共有フォルダに保存します。
  2. Service Pack を保存したフォルダに移動し、実行(EXE)ファイルをダブルクリックします。

注: この Service Pack では、CAD マネージャ コントロール ユーティリティを使用したローカル ネットワーク経由でのインストールはサポートされていません。

先頭に戻る

この Service Pack をネットワーク管理イメージに適用する

次の配布方法は、配置ウィザードで作成された管理イメージに対してのみ該当します。次に示す手順を完了すると、以降インストールした製品に、この Service Pack が含まれるようになります。

いずれの場合でも、管理イメージにこの Service Pack を「追加」してください。Service Pack を合成する必要があるのは、グループ ポリシー オブジェクトを使用して配置を配布する場合だけです。

ダウンロードしたパッチ(Service Pack)ファイルには MSP(Microsoft Patch)ファイルが含まれています。このファイルを解凍するには、/e (extract)スイッチを使用します。この構文の例については、下の手順 2 を参照してください。

  1. オートデスクの製品サポートに関する Web サイトから、Service Pack の EXE ファイルをローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューで、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次の情報を入力し、[OK]をクリックします。

    <ローカル_ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル_ドライブ:>¥<パッチ名>.msp

  3. オートデスク製品のメディアを挿入し、setup.exe を起動します。
  4. [配置を作成]を選択し、[次へ]をクリックします。
  5. [配置を開始]ページで、[配置を作成する場所を指定]ボックスに、管理イメージを作成する共有ネットワーク フォルダの場所を入力します。または、参照ボタンをクリックして、フォルダを選択します。ユーザは、このフォルダから製品をインストールします。
  6. [配置の名前を指定]ボックスに、配置の名前を入力します。
  7. 配置ウィザードで操作を続け、製品の環境設定ページで配置を開いて環境設定し、[追加]をクリックして手順 2 で解凍した Service Pack を探します。Service Pack は[ローカル ドライブまたはネットワーク ドライブにある Service Pack を含める]ボックスに追加されています。製品の一覧を閉じて戻ります。
  8. 配置ウィザードの表示に従って、Service Pack の配置を完了します。

注: 配置に AutoCAD Electrical の Service Pack が含まれている場合、その Service Pack は Autodesk Sync の更新ファイルなしでインストールされます。

注: Service Pack の実行ファイルから MSP を取り出すときに、VC++ 2010 再頒布可能パッケージが必要になります。MSP ファイルを取り出す前に、VC++ 2010 再頒布可能パッケージがインストールされていることを確認してください。

先頭に戻る

この Service Pack をアンインストールする

Windows XP

  1. Windows の[スタート]メニューから、[コントロール パネル]を選択します。
  2. [コントロール パネル]で、[プログラムの追加と削除]をクリックします。
  3. [プログラムの追加と削除]ウィンドウで、[更新プログラムの表示]オプションを選択します。
  4. プログラムの一覧で、アンインストールする Service Pack を探します。[削除]をクリックします。

Windows 7 / Windows 8

  1. [コントロール パネル]を起動します。
  2. [プログラム]をクリックします。
  3. [プログラムと機能]をクリックします。
  4. [プログラムと機能]ウィンドウの左ペインで、[インストールされた更新プログラムを表示]をクリックします。
  5. プログラムの一覧で、アンインストールする Service Pack を探します。[アンインストール]をクリックします。

注: この Service Pack のアンインストール中に、AutoCAD Electrical 2013 の製品ディスクをドライブに挿入する必要が生じる場合があります。

先頭に戻る

最後に

問題を特定して弊社にご報告くださるすべてのお客様に感謝いたします。お客様からいただいたご報告により、製品を改善する機会が得られ、お客様に電子回路設計の最良のソリューションを提供することが可能になります。弊社はお客様の継続的なご利用に感謝するとともに、このリリースに関するフィードバックも歓迎いたします。

ありがとうございます。

Autodesk AutoCAD Electrical 製品チーム

先頭に戻る


Copyright ©2013 Autodesk, Inc.