Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 Readme

高品質な製品を提供するため、オートデスクは Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 をリリースしました。この Service Pack は、次の製品に含まれる問題を修正します。

この README ファイルでは、修正または対処された点、更新をダウンロードする場所、およびインストール方法について説明します。

目次

前提条件
インストールに関する情報
Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 によって解決される問題
その他の注意事項
Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 のダウンロード

前提条件

Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 のサイズは、32 ビット バージョンは約 7.8 MB、64 ビット バージョンは約 18.3MB です。

一時ファイル用に最低 100 MB の空きディスク容量が必要です。

Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 をインストールするには、管理者権限が必要です。

インストールに関する情報

スタンドアロン インストール

  1. Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 のダウンロードファイル、mdt2008_swl_sp1_x32.exe (32 ビット バージョン)または mdt2008_swl_sp1_x64.exe (64 ビット バージョン)をダウンロードします。このパッチは、次のパッケージに含まれているすべての Mechanical Desktop 2008 にインストール可能です。

 : この Service Pack 1は、すべての言語バージョンに対応しています。(以前のリリースでは、言語ごとに個別の Service Pack をご提供していました。)

  1. インストーラをダブルクリックして実行します。
  1. Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 のインストールが完了すると、更新が正常に適用されたことを通知するメッセージが表示されます。

Service Pack が正常にインストールされたことを確認するには、Autodesk Mechanical Desktop 2008 を起動し、コマンド プロンプトに AMVER と入力します。 テキスト ウィンドウが表示され、「Mechanical Desktop 2008 SP1」(32 ビット バージョン)または「Mechanical Desktop 2008 x64 SP1」(64 ビット バージョン)と示されます。Service Pack のインストール後、オペレーティング システムを再起動することをお勧めします。

:  Service Pack を一旦インストールすると、Service Pack だけをアンインストールすることはできません。Service Pack をインストールしていない状態に戻すには、製品をアンインストールして再インストールする必要があります。

ネットワーク配置

既存の配置を基にして新しい配置ツリーを作成することはできません。元の配置ツリーのコピーを保存しておきたい場合は、変更を加える前に、元のツリーを別の場所にコピーしておいてください。

Service Pack を新しい管理イメージに追加するには

Service Pack を既存の管理イメージに適用するには

    1. オートデスクの Web サイトから、Service Pack の EXE ファイルをローカル コンピュータにダウンロードします。
    2. ネットワーク配置ウィザードには、.MSP ファイルのパッチが必要です。 Service Pack から .MSP ファイルを解凍するには:

    Windows の[スタート]メニューで、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次の構文を使用して情報を入力し、[OK]をクリックします。
    <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名>.msp

    1. 既存の管理イメージの場所を探します。
    2. [<配置名>を修正]ショートカットをダブルクリックして、配置ウィザードを起動します。
    3. 配置ウィザードの指示に従って、[環境設定]ページまで進みます。
    4. Autodesk Mechanical Desktop 2008 の環境設定で、[Service Pack を含める]ページが表示されるまで[次へ]をクリックします。
    5. […](参照)ボタンをクリックして、手順 2 で解凍した .MSP ファイルを探します。
    6. Service Pack が[この配置に含める Service Pack]ボックスに追加されていることを確認します。
    7. 環境設定を続行するか、[環境設定の完了]をクリックします。
    8. [配置を作成]をクリックして、配置の作成を開始します。

Service Pack に含まれている修正パッチについて

この Service Pack には、Autodesk Mechanical Desktop のダウンロード ページの[Service Pack & パッチ]にアップロードされている以下の修正パッチが含まれています。そのため、これらの修正パッチを別途インストールする必要はありません。

この Service Pack には、Autodesk Mechanical Desktop のダウンロード ページの[Service Pack & パッチ]にアップロードされている以下の修正パッチは含まれていません。Service Pack を適用する前、または適用後にこの修正パッチを適用することをお勧めします。

Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 によって解決される問題

この Service Pack には AutoCAD 2008 Service Pack 1 が含まれています。AutoCAD 2008 Service Pack 1 によって解決された問題については、http://www.autodesk.co.jp/acad_downloadの[Service Pack & パッチ]から AutoCAD 2008 Service Pack 1 のダウンロードページを開き、AutoCAD 2008 Service Pack 1 の Readme ファイルを参照してください。

この Service Pack によって次の AutoCAD Mechanical の問題が解決されます。

修正された致命的エラー

部品表、パーツ一覧、バルーン

標準部品およびフィーチャ

シンボルと寸法

  • 貫通穴フィーチャに配置されると、寸法の関連付けが解除される。
  • 寸法補助線が正しく表示されないことがある。
  • AMAUTODIM の注釈ビューで、エントリを個別に選択できない。
  • Inventor オブジェクト上の AMPOWERDIM で、表示の尺度が考慮されない。
  • 図面で使用されている面の指示記号の標準が異なる場合、面の指示記号の値が COPYCLIP/PASTECLIP で失われる。
  • AMTAPITHREAD2D ねじの寸法が正しくないことがある。
  • 寸法の配置中に、円弧直径寸法を円弧に沿って移動できない。
  • 一部の図面で垂直寸法を配置した後、致命的エラーが発生する。
  • 新しい AMAUTODIM セッションを実行した後、座標寸法文字の位置がずれる。(注:既存の壊れた寸法は、削除して再作成する必要があります)
  • 2D ストラクチャ

    Vault

    API

    修正されたその他の問題

    この Service Pack によって、次の Autodesk Mechanical Desktop の問題が解決されます。

     その他の注意事項

    Autodesk Mechanical Desktop 2008、および Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 で使用されているファイル形式は同じです。これらのどのバージョンで作成された図面ファイルもすべて相互交換可能です。

    Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 のダウンロード

    Autodesk Mechanical Desktop 2008 Service Pack 1 は Live Update からダウンロードするか、次の場所で入手できます。

    http://www.autodesk.co.jp/mdt_download から[Service Pack & パッチ]をクリックしてください。