AutoCAD Architecture 2010 Update 1 Readme

AutoCAD® Architecture 2010 Update 1 をダウンロードしていただき、ありがとうございます。

この Readme には、この更新プログラムのインストールおよび使用に関する最新の情報が記載されています。お使いの製品に更新プログラムを適用する前に、Readme 全体をお読みいただくことを強くお勧めします。簡単に参照できるよう、このドキュメントをハード ドライブに保存するか、印刷出力してください。

目次

この更新プログラムは、対応する言語のオペレーティング システム上で実行される次のオートデスク製品に適用することができます。ご使用中のソフトウェアに対する正しい更新プログラムをインストールしてください。

32 ビット製品
更新プログラム
AutoCAD Architecture 2010 AutoCAD_Architecture_2010_Update1.exe

64 ビット製品
更新プログラム
AutoCAD Architecture 2010 AutoCAD_Architecture_2010_Update1x64.exe

先頭に戻る

この更新プログラムは、下に示されているオペレーティング システムで使用できます。

次の日本語版オペレーティング システムの Service Pack 2 (SP2)および Service Pack 3 (SP3)。

次の日本語版オペレーティング システムの Service Pack 1 (SP1) および Service Pack 2 (SP2)。

先頭に戻る

AutoCAD Architecture の実行中にこの更新プログラムを適用すると、アプリケーションの終了を促すウィンドウが表示されます。この場合、[セットアップ完了後、アプリケーションを自動的に終了して、再起動する]オプションは選択しないでください。予期しないエラーが発生する可能性があります。代わりに、この更新プログラムをインストールする前に、手動で AutoCAD Architecture を終了してください。

先頭に戻る

AutoCAD Architecture に対する一般的な更新

AutoCAD Architecture 2010 Update 1 では、次の問題が解決されました。

AEC 寸法

API

IFC

画層

パフォーマンス

プロパティ パレット

集計

断面図

構造部材

壁オブジェクト

外部参照

Subscription の特典

Subscription のお客様の場合、この更新プログラムを使用すると、バルーン通知が定期的に表示され、Subscription の期限までの日数が示されます。この通知は 3 回のみ表示されます。また、Subscription センターにログオンする必要なく、選択した Subscription の特典によりすばやく簡単にアクセスできます。

eLearning

情報センターで、[Subscription センター]ボタンをクリックします。[ベネフィット センター]の下で、[e-Learning カタログを表示]をクリックします。Subscription センターにサインインするよう求めるメッセージが表示されます。

検索

Subscription センターにログオンすることなく、Subscription 専用の e-Learning およびテクニカル サポートの一部にアクセスできます。これには、一部の e-Learning レッスンが含まれます。

[カスタマー エラー報告]ユーティリティで報告された問題

[カスタマー エラー報告]ユーティリティによって寄せられた情報を詳細に分析した結果、多くのエラーが特定され、解決されました。更新されたコマンドおよび機能は、次のとおりです。

先頭に戻る

一般的な更新

次の問題点も解決されました。

2D 図面

3D モデリング

3D ナビゲーション ツール

アクション レコーダ

注釈尺度

ブロック

スペル チェック

CUI

データ書き出し

DGN への対応

デジタル署名

寸法

DWF

ダイナミック寸法

レイアウトを書き出し

外部参照

ファイルを開く

検索と置換

一般的な UI

グラフィックス システム

ハッチング

イメージ

情報ツール

キーボード ショートカット

画層

ライセンス

LiveUpdate

計測ツール

マイグレーション

マルチ引出線

PDF

パブリッシュ

名前削除

QUICKCALC[クイック計算]

修復

参照編集

リボン

断面と 2 次元表現

スナップ

Visual LISP

UCS

外部参照

先頭に戻る

開始する前に

この更新プログラムをインストールする前に、次の点に留意してください。

カスタム ファイルのバックアップ

この更新プログラムを適用する前に、すべてのカスタム CUIx、MNR、MNL ファイルをバックアップすることをお勧めします。

管理者の権限

インストール中に、元のインストレーション メディアまたはネットワーク イメージを指定するよう求められることがあります。この更新プログラムを適用するには、管理者の権限でログオンしている必要があります。

ネットワーク配置

管理者は、[配置ウィザード]を使用してネットワーク上にある配置に、この更新プログラムを適用することができます。

製品のバージョン情報

インストール後、[バージョン情報]ダイアログ ボックスに Version 2 と表示されます。

先頭に戻る

Windows のコマンド ライン スイッチについて

この更新プログラムには、次の Microsoft Windows コマンド ライン スイッチが組み込まれています。

/e コマンド ライン スイッチの使い方については、後述のインストール手順内で説明します。

先頭に戻る

この更新プログラムをスタンドアロン インストレーションに適用する

この更新プログラムを 1 台のコンピュータにインストールするには、以下の手順に従います。

  1. 更新プログラムをダウンロードし、任意のフォルダに保存します。
  2. インストールの際にメディアを挿入する必要がある場合がありますので、製品のメディア(たとえば、AutoCAD のインストレーション ディスク)を挿入します。
  3. 更新プログラムを保存したフォルダに移動し、実行(EXE)ファイルをダブルクリックします。

先頭に戻る

この更新プログラムをローカル ネットワーク経由で適用する

[コミュニケーション センター]を使用して、この更新プログラムをローカル ネットワーク経由で適用することができます。ローカル ネットワーク経由で更新の設定を行う方法の詳細は、[CAD マネージャ コントロール ユーティリティ]ヘルプの「[コミュニケーション センター]タブ」のセクションに記載されています。

注: CAD マネージャ コントロール ユーティリティは、製品のインストレーション メディアからインストールできます。[ツールとユーティリティをインストール]を選択し、次に[Autodesk CAD Manager Tools]を選択します。

(CAD マネージャ コントロール ユーティリティが Autodesk 製品を認識せず、エラーメッセージが表示される場合は「2009/05/13 CAD マネージャ コントロール ユーティリティ修正パッチ」を適用してください。AutoCAD Architecture のダウンロード サイトの「Service Pack & パッチ」からダウンロード可能です。)

先頭に戻る

この更新プログラムを新しいネットワーク管理イメージに適用する

次の配布方法は、配置ウィザードで作成された管理イメージに対してのみ該当します。次に示す手順を完了すると、以降インストールした製品には、この更新プログラムが含まれるようになります。

以下の設定の場合には、管理イメージにこの更新プログラムを「追加」してください。グループ ポリシー オブジェクトを使用して配置を配布する場合は、更新プログラムを管理イメージの MSI ファイルに「合成」する必要があります。

ダウンロードしたパッチ(更新プログラム)ファイルには MSP(Microsoft Patch)ファイルが含まれています。このファイルを抽出するには、/e (extract) スイッチを使用します。この構文の例については、下の手順 2 を参照してください。

  1. オートデスクの Web サイトから、更新プログラムの実行(EXE)ファイルをローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択します。次の情報を入力し、[OK]をクリックします。

    <ローカル_ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル_ドライブ:>¥< パッチ名>.msp

    (例: AutoCAD Architecture 2010 32 ビット製品の場合、C:¥AutoCAD_Architecture_2010_Update1.exe /e C:¥AutoCAD_Architecture_2010_Update1.msp)

  3. オートデスク製品のメディアを挿入し、setup.exe を起動します。
  4. [配置を作成]を選択し、[次へ]をクリックします。
  5. [配置を開始]ページで、[管理イメージの場所を指定]ボックスに、管理イメージを作成する共有ネットワーク フォルダの場所を入力します。または、参照ボタンをクリックして、フォルダを選択します。ユーザは、このフォルダから製品をインストールします。
  6. [新しい配置の名前を指定]ボックスに、配置の名前を入力します。
  7. [配置ウィザード]で操作を続け、[確認 - 環境設定 - 配置を作成]ページの[環境設定]ボタンをクリックします。[Service Pack を含める]ページで[参照]ボタンをクリックし、手順 2 で得られた更新プログラム(MSP)を選択します。選択した更新プログラムが[ローカル ドライブまたはネットワーク ドライブにある Service Pack を使用する]ボックスに追加されたことを確認します。Service Pack を配置に追加するか、Service Pack を管理イメージに合成するかを指定し、[環境設定の完了]をクリックします。
  8. [配置ウィザード]の表示に従って、更新プログラムの配置を完了します。

先頭に戻る

この更新プログラムをアンインストールする

: 更新プログラムを合成した配置(管理イメージとも呼ばれます)から製品をインストールした場合、この更新プログラムをアンインストールすることはできません。

Windows XP

  1. Windows の[スタート]メニューから、[コントロール パネル]を選択します。
  2. [コントロール パネル]で、[プログラムの追加と削除]をクリックします。
  3. [プログラムの追加と削除]ウィンドウで、[更新プログラムの表示]オプションを選択します。
  4. プログラムの一覧で、アンインストールする更新プログラムを探します。[削除]を選択します。

Windows Vista

  1. Windows の[スタート]メニューから、[コントロール パネル]を選択します。
  2. [プログラム]をクリックします。
  3. [プログラムと機能]をクリックします。
  4. [プログラムと機能]ウィンドウの左ペインで、[インストールされた更新プログラムを表示]をクリックします。
  5. プログラムの一覧で、アンインストールする更新プログラムを探します。[アンインストール]をクリックします。

先頭に戻る

このリリースは、すべての AutoCAD Architecture 2010 ファイルを更新します。

先頭に戻る


Copyright © 2009 Autodesk, Inc.