線種の問題修正パッチ

この修正パッチにより、Service Pack 1 を適用した AutoCAD 2008、AutoCAD LT 2008、および AutoCAD 2008 ベース製品において発生する線種の表示に関する不具合を解決します。

問題点

Service Pack 1 を適用した AutoCAD 2008、AutoCAD LT 2008、および AutoCAD 2008 ベース製品で、すべての線種が Continuous (実線)で表示されてしまう。

対象となる製品

利用可能なバージョン

この修正パッチには次のそれぞれのバージョンがありますのでご注意ください。

お使いの製品に適合するバージョンのみをインストールしてください。

インストール手順

線種の問題修正パッチをインストールするには

インストールを行うには、お使いの Microsoft® Windows® オペレーティング システムに対する管理者権限を持つアカウントでログインすることが必要です。

注: この修正パッチを適用する前に、お使いの製品に対して AutoCAD 2008 Service Pack 1 (または AutoCAD 以外の製品ではこれに相当する Service Pack)がインストールされていることが必要です。

  1. すべてのソフトウェア アプリケーションを終了させます。
  2. Windows エクスプローラで、製品のインストレーション フォルダ(例: AutoCAD 2008 の場合 c:¥Program Files¥AutoCAD 2008)に移動します。
  3. このフォルダにある acad.exe または acadlt.exe ファイルを選択して右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  4. [バージョン情報]タブを選択し、ファイルのバージョンを確認します。
  5. 次のようにして、このファイルの名前を変更します。
  6. 適切な zip ファイルをダウンロードし、解凍した acad.exe または acadlt.exe ファイルを製品のインストレーション フォルダにコピーします。

注: この修正パッチを取り消すには、製品のインストレーション フォルダに新しくコピーした acad.exe または acadlt.exe ファイルを削除し、上記の手順 5 で名前変更して保管しておいたファイルを元の名前に戻してください。