Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 Readme


目次


Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3

お客様へより品質の高い製品を提供することを目的として、Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 をリリースいたしました。これにより製品リリース後に明らかになった問題を解決することができます。Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 には AutoCAD 2007 Service Pack 1 が含まれます。

この Readme には、Service Pack のインストールと使用に関する最新情報が記載されています。Service Pack をご使用の製品にインストールする前に、この Readme 全体を必ずお読みください。また、この Readme ファイルは、今後の参照用としてハードディスクに保存するか、必要に応じて印刷して内容を確認してください。

この Service Pack を適用できる製品

Service Pack 3 は、サポートされるすべてのオペレーティング システムで実行されている日本語版の Autodesk Map 3D 2007 に適用できます。

Service Pack 3 は Service Pack 1 や Service Pack 2 が適用された、または Service Pack が適用されていない Autodesk Map 3D 2007 にも適用できます。

必要な操作

この Service Pack を Autodesk Raster Design と一緒にインストールする場合

Autodesk Map 3D 2007 と Autodesk Raster Design 2007 を共存インストールしている環境に、Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 をインストールした場合、Autodesk Raster Design 2007 を正常に使用できなくなります。これを回避するには、Autodesk Raster Design 2007 の修復を行う必要があります。

  1. [スタート]メニューの[プログラム]、[コントロール パネル]を順にクリックします。
  2. [プログラムの追加と削除] (Windows 2000 の場合は[アプリケーションの追加と削除])で[Autodesk Raster Design 2007]の下にある[変更]ボタンをクリックします。
  3. [Autodesk Raster Design 2007 セットアップ]ダイアログで [修復] ボタンを選択します。
  4. [次へ]をクリックします。
  5. 画面に従ってプログラムの修復を行ってください。

注: Autodesk Raster Design を修復するには、製品CD を挿入するように促すメッセージが表示される場合があります。

Oracle 用 Autodesk FDO プロバイダには特定のパッチ ファイルが必要

Autodesk Map 3D 2007 では Oracle 10g R2 がサポートされます。Oracle 10g R2 で作業を行うには、Oracle 10g R2 Client を使用して、Oracle 10g R2.2 パッチをインストーする必要があります。

注: Oracle Workspace Manager (OWM) は Workspace Manager のバージョン 10.2.0.3.1 以上と一緒にアップグレードする必要があります。

Service Pack を適用する前に、キャッシュ ファイルをクリアする

この Service Pack を適用する前に、キャッシュ データがある場合、キャッシュをクリアしないと、それらのファイルによって、Autodesk Map 3D 2007 が正常に動作しないことがあります。Autodesk Map 3D 2007 が正常に動作するために、キャッシュ ファイルをクリアする必要があります。

キャッシュ ファイルをクリアするには、次の操作を実行します。

  1. Autodesk Map 3D 2007 を起動します。
  2. [設定]メニューの[Autodesk Map オプション]をクリックします。
    注: メニュー/ツールバー レイアウトが「Map クラシック」の場合は、 [マップ]メニューの[オプション]をクリックします。
  3. [Autodesk Map オプション]ダイアログ ボックスから、[システム]タブを選択します。
  4. [キャッシュをクリア]をクリックします。
  5. [OK]をクリックします。

一般的な情報

Service Pack を適用する前に、カスタマイズしたすべての CUI、MNR、MNL ファイルのバックアップを必ず作成してください。

Service Pack のインストールには、Autodesk Map 3D 2007 の製品 CD、またはネットワーク イメージが必要となる場合があります。Service Pack の適用には、インストール/アンインストールできる管理者権限 (Administrator) が必要です。

この Service Pack には、Autodesk Map 3D 2007 のダウンロード ページの[Service Pack & パッチ]ページにアップロードされている以下の Service Pack と修正パッチが含まれています。この Service Pack 3 を適用した場合、これらの Service Pack や修正パッチをダウンロード/インストールする必要はありません。また、Service Pack 3 を適用する前に Service Pack 1 および 2 が適用されている必要はありません。

この Service Pack には、Autodesk Map 3D 2007 のダウンロード ページの[Service Pack & パッチ]ページにアップロードされている以下のアップデートは含まれていません。必要に応じてこのアップデートをダウンロードしてください。

この Service Pack は、一度適用すると自動アンインストールによって削除することはできません。Service Pack を適用する前の状態に戻すには、製品を一度アンインストールしてもう一度インストールする必要があります。

Service Pack は、管理者が配置ウィザードを使用してネットワーク上に配置することもできます。

Service Pack 3 による Autodesk Map 3D 2007 の改善事項

Service Pack 3 では 40 箇所を超える修正により、次のような重要な分野が大幅に改善されています。

一般的な更新

Service Pack に関するその他の変更点として、次のような機能の更新があります。


インストール手順

Windows コマンド ライン スイッチ

この Service Pack でサポートされているコマンド ライン スイッチは、以下のとおりです。

/e コマンド ライン スイッチの使用方法については、以降の「Service Pack を Autodesk Map 3D 2007 ネットワーク管理イメージに適用する」を参照してください。

スタンドアロン環境に Service Pack を適用する

Service Pack を個別のコンピュータにインストールする場合、次の手順に従います。

スタンドアロン環境に Service Pack を適用するには

  1. Service Pack をダウンロードして任意のフォルダに保存します。
  2. Service Pack を保存したフォルダに移動し、実行可能(EXE)ファイルをダブルクリックします。

ローカル パッチ リストを設定する

要件

  1. Autodesk Map 3D 2007 は、設定に使用するのと同じシステムにインストールする必要があります。
  2. 最新の修正モジュールを Autodesk Map 3D 2007 に適用する必要はありません。
  3. CAD 管理者コントロール ユーティリティ 4.0 をインストールする必要があります。

ローカル パッチ リストを作成する手順

  1. ローカル システム上にフォルダを作成し、共有します。
  2. CAD 管理者コントロール ユーティリティを起動します。
  3. [修正したい製品を選択してください]で、[Autodesk Map 3D 2007]を選択します。
  4. [コミュニケーション センター]タブの[Live Update の環境設定]から[社内ネットワークの Live Updateから入手]を選択します。
  5. UNC パスを使用して手順 1 で作成したフォルダに移動します。patchlist.npl ファイルが自動的に作成されます。
  6. [パッチを管理]ボタンを選択します(このボタンは、最新の修正モジュールがまだ Autodesk Map 3D 2007 に適用されていない場合にだけ使用できます)。
  7. [アクション タイプ]アイコンをクリックし、[パッチ フォルダに追加]を選択します。
  8. [パッチ フォルダを更新]を選択します。修正モジュールが Autodesk サーバから自動的にダウンロードされ、他のユーザーが、定義された場所からアクセスできるようになります。
  9. [閉じる]をクリックします。
  10. CAD 管理者コントロール ユーティリティの最下部のドロップ ダウン リストで、[.reg レジストリ ファイルを作成]を選択します。
  11. [OK]をクリックします。
  12. [名前を付けて保存]ボックスでファイルに名前を付けて、作成した共有フォルダに保存します。
  13. Autodesk Map 3D 2007 の[コミュニケーション センター]から Service Pack をインストールします。

これで、作成したローカル パッチ リストで Service Pack を適用できるようになりました。

各ユーザがレジストリ ファイルを使用できるようになりました。

Service Pack を Autodesk Map 3D 2007 ネットワーク管理イメージに適用する

次に説明する Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 の 2 つの適用方法は、Autodesk 配置ウィザードで作成された管理イメージにのみ適用されます。これらの手順を完了すると、Autodesk Map 3D 2007 のネットワーク管理イメージに Service Pack が自動的に適用されます。

注: どちらの手順でも、ダウンロードするパッチ(Service Pack)ファイルには MSP (Microsoft Patch)ファイルが含まれています。このファイルは、実行可能ファイルから抽出することができます。実行可能ファイルから MSP ファイルを抽出するには、/e ("extract")スイッチを使用します。

Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 を新しい Autodesk Map 3D 2007 の管理イメージに適用するには

  1. オートデスクの Web サイトから、EXE をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]をクリックし、<ローカル ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名.msp> と入力します。[OK]をクリックします。
  3. 配置ウィザードがインストールされているコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから、[Autodesk]、[Autodesk 配置ウィザード]を順にクリックします。
  4. 配置ウィザードの[ようこそ]ページで、[管理イメージを作成]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを作成]ページの[オートデスク インストーラ (MSI) ファイルを選択]ボックスで、acadmap.msi へのパスを入力します。 この MSI ファイルは、管理イメージのベースとして使用されます。このファイルは、製品 CD-ROM の <CD-ROM ドライブ:>¥Bin¥AcadFeui に配置されています。
  6. [管理イメージの場所]に、管理イメージを作成する既存のネットワーク共有フォルダを入力するか、[…](参照)ボタンをクリックして場所を検索します。各ユーザはこの場所から Autodesk Map 3D 2007 をインストールします。
  7. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  8. [パッチを選択]ボックスにパッチの場所を入力します(手順 2 で入力した場所。拡張子「.msp」まで入力してください)。または、[参照]をクリックして MSP ファイルの場所を指定できます。
  9. [次へ]をクリックし、配置ウィザードに表示される指示に従って Service Pack の配置を完了します。

Autodesk Map 3D 2007 Service Pack 3 を既存の Autodesk Map 3D 2007 の管理イメージに適用するには

  1. オートデスクの Web サイトから、EXE をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]をクリックし、<ローカル ドライブ:>¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ:>¥<パッチ名.msp> と入力します。[OK]をクリックします。
  3. 配置ウィザードがインストールされているコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから、[Autodesk]、[Autodesk 配置ウィザード]を順にクリックします。
  4. 配置ウィザード の[ようこそ]ページで、[管理イメージを修正]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを修正]ページの[オートデスク インストーラ (MSI) ファイルを選択]に、修正する管理イメージが含まれる共有ネットワーク格納場所から、既存のオートデスク インストーラ ファイル(MSI)を選択します。各ユーザはこの場所から Autodesk Map 3D 2007 をインストールします。
  6. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  7. [パッチを選択]ボックスにパッチの場所を入力します(手順 2 で入力した場所。拡張子「.msp」まで入力してください)。または、[参照]をクリックして MSP ファイルの場所を指定できます。
  8. [次へ]をクリックし、配置ウィザードに表示される指示に従って Service Pack の配置を完了します。

注: 既に Service Pack が適用されている管理イメージに Service Pack を適用することはできません。最新の Service Pack で管理イメージを再作成する必要があります。


Copyright ® 2006 Autodesk, Inc.