Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A Readme

Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A

お客様にさらに高品質な製品をお使いいただくために、Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A をリリースしました。

この Readme には、Service Pack のインストールと使用に関する最新情報が記載されています。 Service Pack をご使用の製品にインストールする前に、この Readme 全体を必ずお読みください。 また、この Readme は参照用としてハード ディスクに保存するか印刷しておいてください。

この Readme には、次のトピックが含まれています。

解決された Autodesk Civil 3D 2007 の問題

この Service Pack により、次の問題が解決されています。

一般

線形

コリドー
  • 次のアセンブリに対する勾配値が正しくマイグレートされるようになりました: オフセットと勾配リンク、勾配と標高差リンク、標高への勾配リンク、サーフェスへの勾配リンク、幅と勾配リンク。
  • コリドー オブジェクトによってモデリングされたクルドサックを作成するときに、オフセット点が円弧の中心に指定された場合でも、円弧からのオフセットが正しく計算されるようになりました。
  • [サブアセンブリ プロパティ]ダイアログ ボックスにアクセスしたときにプログラムの反応がなくなってしまう問題が解決されました。
  • 勾配値を持ったサブアセンブリを含む Autodesk Civil 3D 2006 図面を正しく開けるようになりました。

グレーディング

  • 相対標高基準を使用した摺り付けを正しく作成できるようになりました。 以前は、不正な距離をもつ法面が作成されていました。
  • 問題のあるグレーディング ジオメトリを含む図面の場合、開くことができませんでしたが、いくつかの問題が解決され、開くことができるようになりました。
  • グレーディングをサーフェスにするときのパフォーマンスの問題が解決されました。 例えば、調整池のグレーディングをサーフェスにするのにかかる時間がより適切な長さになりました。
  • グレーディング サーフェスをコリドーに貼り付け保存する場合の応答速度が改善されました。

ラベル

  • 区画ラベルの尺度調整が正常に行われない問題が解決されました。ペーパー空間で区画ラベルが設定したとおりに表示されるようになりました。
  • 追加した区画ラベルを削除する際に[元に戻す]コマンドを実行した場合の問題が解決されました。サイトに区画ラベルを後で追加する問題が発生します。この問題は図面を保存する際、または保存した図面を開く際にプログラムが予期せず終了することにより発生します。
  • 他の図面を閉じた直後にグレーディング計画線を含む図面を開くときの問題が解決されました。

パイプ

  • 構造物に接続した縦断ビュー内のパイプがソリッドで表示されてしまう問題が解決されました。 構造物がソリッドで表示されているときには、[構造物スタイル]ダイアログ ボックスの[パーツのマスクを有効にする]チェック ボックスが非表示になることにご注意ください。 [構造物スタイル]ダイアログ ボックスの[縦断]タブにある[境界で表示]オプションを使用することをお勧めします。 このオプションが選択された場合のパフォーマンスは、[ソリッドで表示]が使用されている場合よりもより高速です。 ただし、新しいスタイルに対しては[境界で表示]が既定値ですが、Autodesk Civil3D 2006 からの既存のスタイルには[ソリッドで表示]が既定値となりますので、ご注意ください。
  • 縦断ビューで構造物がソリッドとして表示されてしまう問題が解決されました。 マスク機能は正しく動作します。
  • 図面が横断抽出ラインと平行なパイプネットワークを含む場合に起こる問題が解決されました。横断抽出ラインに平行なパイプネットワークを含む図面が予期せず終了することはなくなりました。
  • パイプ ネットワーク参照が線形や縦断などの依存オブジェクト データ作成の問題が解決されました。パイプ ネットワーク参照を作成する際に依存オブジェクトは作成されなくなりました。
ポイント
  • プロスペクター ツリーで変更されたポイント、「すべてのポイント」ポイント グループ以外で作成されたポイント グループが適切に更新できるようになりました。
  • [ポイント エディタ]によるポイント スタイル、ポイント ラベル スタイル、ポイント画層の変更で発生していた問題が解決されました。 [ポイント エディタ]はこれらの操作に対して適切に応答します。
  • 2006 バージョンの図面テンプレートを使用して新規図面を開くときの問題が解決されました。 ポイント設定内に外部データ参照を持つ図面を適切に更新することができます。

数量レポート

測量

この Service Pack では、次の AutoCAD の問題も解決します:

Service Pack の対象ユーザ

この Service Pack (C3D2007_SP1A.exe)は、日本語版のオペレーティング システムで実行される日本語版 Autodesk Civil 3D 2007 に適用することができます。

重要: この Service Pack は、アンインストールによる削除はできません。

 

インストールに関する一般情報

重要: この Service Pack は、一度適用すると Service Pack のみをアンインストールすることはできません。Service Pack を適用する前の状態に戻すには、Autodesk Civil 3D 2007 を一度アンインストールしてもう一度インストールする必要があります。

 

Windows コマンド ライン スイッチ

この Service Pack には、次の Windows コマンド ライン スイッチが組み込まれています。

これらのコマンド ライン スイッチの使用方法については、このドキュメントに後述します。

 

この Service Pack をスタンドアロン環境に適用する

  1. 起動しているアプリケーションを全て終了します。
  2. C3D2007_SP1A.exe をダウンロードして任意のフォルダに保存します。
  3. Autodesk Civil 3D 2007 のメディア(CD または DVD)をコンピュータのドライブに挿入します。
  4. C3D2007_SP1A.exe を保存したフォルダへ移動します。
  5. C3D2007_SPA1.exe をダブルクリックして、インストールします。

この Service Pack をインストールすると、Autodesk Civil 3D のメニュー バーから[測量]メニューが削除されます。 [測量]メニューを再びメニュー バーに表示するには、コマンド プロンプトに wscurrent と入力し、次に WSCURRENT のコマンドラインのプロンプトにCivil 3D と入力してください。

この Service Pack をローカル ネットワークからパッチリストを使って適用する

コミュニケーション センターを利用してローカル ネットワークから Service Pack を適用する場合、次の手順に従います。

ローカル パッチ リストを使用してコミュニケーション センターから Service Pack を適用するには

ローカルパッチリストの設定は以下の手順に従ってください。

  1. この設定を行う前に、以下の環境を満たしていることを確認してください。
    - Autodesk Civil 3D 2007 がインストールされている
    - Service Pack 1A がまだインストールされていない
    - CAD 管理者コントロールユーティリティ 4.0 がインストールされている
  2. CAD 管理者コントロールユーティリティを起動します。
  3. [修正したい製品を選択してください]から Autodesk Civil 3D 2007 を選択します。
  4. [コミュニケーションセンター]タブの[Live Update の環境設定]から[社内ネットワークの Live Update から入手] を選択します。
  5. UNC パスを使用して Service Pack をダウンロードする共有フォルダを指定します。パッチリスト(.npl) ファイルが自動的に作成されます。
  6. [パッチを管理]ボタンをクリックします。(このボタンは Service Pack 1A がまだインストールされていない場合に使用できます。)
  7. アクションタイプアイコンを使用してパッチフォルダを追加するアクションタイプを設定し、ポップアップメニューを選択します。
  8. アップデートパッチフォルダを選択します。ここに Autodesk のサーバから Service Pack がダウンロードされ、他のユーザがアクセスすることができます。
  9. 変更を適用します。
  10. CAD 管理者コントロールユーティリティの下部のドロップダウンリストから[.reg レジストリファイルを作成]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  11. [名前を付けて保存]ダイアログでファイルを保存します。保存したディレクトリをメモしておいてください。
  12. これでレジストリファイルが使用可能になります。
  13. Autodesk Civil 3D のコミュニケーションセンターから Service Pack をインストールします。

: レジストリの変更をクライアントに適用すると、Autodesk Civil 3D 2007 のコミュニケーション センターによって[メンテナンス アップデートがあります]という通知が表示されます。 ユーザが通知をクリックすると、「Autodesk Live Update」というページが表示されます。 このページには、操作手順、パッチの説明が表示されており、[更新]ボタンをクリックするとパッチのダウンロードとインストールが開始されます。

この Service Pack を Autodesk Civil 3D 2007 ネットワーク管理イメージに適用する

次の 2 つの Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A の配布方法は、Autodesk Civil 3D 2007 の配置ウィザードで作成された管理イメージだけに適用されます。 これらの手順を完了すると、それ以降に配置する Autodesk Civil 3D 2007 には自動的に Service Pack が適用されます。

注: どちらの手順でも、ダウンロードする Service Pack ファイルに MSP (Microsoft Patch)ファイルが含まれています。 このファイルは、実行可能ファイルから抽出することができます。 実行可能ファイルから MSP ファイルを抽出するには、/e ("extract")スイッチを使用します。

Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A を Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージに追加するには (管理イメージ作成)

  1. オートデスクの Web サイトから、<C3D2007_SP1A.exe> をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。 次の情報を入力して[OK]をクリックします。

    <ローカルドライブ>:¥<パッチ名>¥ /e <ローカルドライブ>:¥<パッチ名.msp>

  3. 配置ウィザード パッチをインストールしたコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから[プログラム] > [Autodesk] > [配置ウィザード]の順に選択します。
  4. 配置ウィザードの[ようこそ]ページで、[管理イメージを作成]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを作成]ページの[オートデスク インストーラ(MSI)ファイルを選択]ボックスに、c3d.msi(管理イメージのベースに使用する MSI ファイル)のパスを入力します。 このファイルは、製品メディアの ¥BIN¥Installer に配置されています。
  6. [管理イメージの場所]ボックスに、管理イメージを作成する既存の共有ネットワーク フォルダのパスを、直接入力するか[参照]ボタンをクリックしてナビゲートして指定します。 各ユーザはこの場所から Autodesk Civil 3D をインストールできます。
  7. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  8. [パッチを選択]オプションで、パッチの場所を入力します(手順 2 で入力したパスを、.msp まで入力)。 MSP ファイルの場所は、[参照]をクリックして指定することもできます。
  9. [次へ]をクリックして、ネットワーク インストレーション ウィザードの指示に従って Service Pack の配置を完了します。

Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A を既存の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージに適用するには

注: Autodesk Civil 3D 2007 Service Pack 1A を既存の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージに適用する前に、すべてのクライアント コンピュータに Service Pack 1A が適用済みであることを確認してください。

補足: Service Pack 1A が未適用の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージからネットワーク インストールした クライアント コンピュータに Service Pack 1A を適用する際、Service Pack 1A はサーバ上の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージを確認しに行きます。その際、サーバ上の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージに先に Service Pack 1A を適用してしまうと、Service Pack 1A 未適用のクライアント コンピュータ から オリジナルの MSI (Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージ) が確認できなくなってしまいます。Service Pack 1A 未適用の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージからインストールしたすべての クライアント コンピュータに Service Pack 1A が適用されるまでの間は、サーバ上の Autodesk Civil 3D 2007 管理イメージへの Service Pack 1A の適用は控えて下さい。

  1. オートデスクの Web サイトから、C3D2007_SP1A.exe をローカル コンピュータにダウンロードします。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。 次の情報を入力して[OK]をクリックします。

    <ローカルドライブ>:¥<パッチ名>¥ /e <ローカルドライブ>:¥<パッチ名.msp>

  3. 配置ウィザードのパッチをインストールしたコンピュータで、Windows の[スタート]メニューから[プログラム] > [Autodesk] > [Autodesk 配置ウィザード]の順に選択します。
  4. 配置ウィザードの[ようこそ]ページで、[管理イメージを修正]を選択して[次へ]をクリックします。
  5. [管理イメージを修正]ページの[MSI ファイルを選択]ボックスで、修正する管理イメージが配置されているネットワークの共有ディレクトリから既存のオートデスク インストーラ ファイル(MSI)を選択します。
  6. [このイメージにパッチ(Service Pack)を適用]オプションを選択します。
  7. [パッチを選択]オプションで、パッチの場所を入力します(手順 2 で入力したパスを、.msp まで入力)。 MSP ファイルの場所は、[参照]をクリックして指定することもできます。
  8. [次へ]をクリックして、配置ウィザードの指示に従って Service Pack の配置を完了します。

Copyright © 2006 Autodesk, Inc.