AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 Readme

お客様にさらに高品質な製品をお使いいただくために、AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 をリリースしました。AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 には AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 1 のすべての更新内容が含まれているため、Service Pack 1 を別途インストールする必要はありません。

さらに、AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 には、いくつかの AutoCAD 2008 修正パッチに加え、AutoCAD 2008 Service Pack 1、および AutoCAD Map 3D 2008 Service Pack 1 で対応されている問題の修正もすべて含まれています。

この Readme には、今回の Service Pack のインストールと使用に関する情報が記載されています。ご使用の製品にこの Service Pack をインストールする前に、この Readme 全体をお読みください。また、この Readme は参照用としてハード ディスクに保存するか印刷しておいてください。

この Readme には、次のトピックが含まれています。


この Service Pack に含まれる Service Pack および修正パッチ

AutoCAD Civil 3D のダウンロード ページの [Service Pack & パッチ] に掲載されている以下の修正パッチおよび Service Pack は、この Service Pack に含まれています。別途インストールする必要はありません。

この Service Pack の対象ユーザ

この Service Pack (C3D2008_SP2.exe)は、英語版または非英語版のオペレーティング システムで実行される AutoCAD Civil 3D 2008 の全バージョンに適用されます。

インストールに関する一般情報

重要: この Service Pack は、アンインストールすることができません。AutoCAD Civil 3D 2008 を Service Pack インストール前の状態に戻すには、AutoCAD Civil 3D 2008 を一旦アンインストールしてから再インストールする必要があります。

Windows コマンド ライン スイッチ

この Service Pack には、次の Windows コマンド ライン スイッチが組み込まれています。

これらのコマンド ライン スイッチの使用方法については、このドキュメントに後述します。

この Service Pack をスタンドアロン環境に適用する

  1. Service Pack ファイル(C3D2008_SP2.exe)をダウンロード(zip の場合はダウンロードおよび解凍)して任意のフォルダに保存します。
  2. AutoCAD Civil 3D 2008 の製品メディア(DVD)をコンピュータのドライブに挿入します。
  3. Service Pack を保存したフォルダに移動します。
  4. Service Pack の実行ファイルをダブルクリックして、インストールします。

この Service Pack をローカル ネットワークからパッチリストを使って適用する

ローカル ネットワークから Service Pack を適用する場合、コミュニケーション センターを利用して次の手順に従います。

ローカル パッチ リストを使用してコミュニケーション センターから Service Pack を適用するには

  1. AutoCAD Civil 3D 2008 がインストールされているコンピュータに CAD Manager Tools 4.0 をインストールします。CAD Manager Tools 4.0 をインストールするには、AutoCAD Civil 3D 2008 の製品メディア(DVD)を挿入し、[ツールとユーティリティをインストール]を選択します。[ようこそ]画面で[次へ]をクリックします。[インストールする製品を選択]ページで[CAD Manager Tools 4.0]を選択します。

    : このコンピュータに Service Pack をインストールしないでください。

  2. 共有の場所に、パッチのダウンロード先フォルダを作成します
    (例: ¥¥servername¥shared_folder_location¥)。
  3. [スタート] > [プログラム] > [Autodesk] > [CAD Manager Tools] > [CAD マネージャ コントロール ユーティリティ]の順にクリックします。
  4. ドロップダウン リストから[AutoCAD Civil 3D 2008]を選択し、[OK]をクリックします。
  5. [情報センター]タブの[コミュニケーション センター パネル]で、[Live Update を利用可能]を選択します。ドロップダウン リストから、[ローカル ネットワークから Live Update を受け取る]を選択します。
  6. [参照]を選択し、以前作成した共有の場所を指定します
    (例: ¥¥servername¥shared_folder_location¥)。
  7. [パッチを管理]を選択します。このオプションを有効にすると、オートデスクのサーバに接続して、現在インストールしている AutoCAD Civil 3D 2008 で利用可能なパッチをすべてダウンロードできるようになります。
  8. [パッチを管理]の下に、AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack の一覧が表示されます。適用する Service Pack を選択します。[アクション タイプ]で[パッチ フォルダに追加]を選択し、[パッチ フォルダを更新]を選択します。
  9. [詳細]領域に「downloaded to local patch folder on <time><date>」と表示されます。
  10. [閉じる]をクリックします。

    AutoCAD Civil 3D 2008 で、コミュニケーション センターが環境設定されていることを確認してください。この環境設定を行った後は、Live Update メンテナンス パッチを利用できるようになります。

この Service Pack を AutoCAD Civil 3D 2008 ネットワーク管理イメージに適用する

AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 の次の 2 つの配布方法は、AutoCAD Civil 3D 2008 のネットワーク インストール ウィザードで作成された管理イメージだけに適用されます。これらの手順を完了すると、それ以降に配置する AutoCAD Civil 3D 2008 には自動的に Service Pack が適用されます。

警告: AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 1が既に含まれている配置を変更することはできません。AutoCAD Civil 3D 2008 SP1 が既に結合されている配置に AutoCAD Civil 3D 2008 SP2 を含めようとすると、作成およびインストールする AutoCAD Civil 3D 2008 のバージョンが不安定になります。AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 用に新しい配置を作成してください。

注: どちらの手順でも、ダウンロードする Service Pack ファイルに MSP (Microsoft Patch)ファイルが含まれています。このファイルは、実行可能ファイルから抽出することができます。実行可能ファイルから MSP ファイルを抽出するには、/e ("extract")スイッチを使用します。

AutoCAD Civil 3D 2008 の Service Pack 2 を新しい AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージに追加する

  1. オートデスクの Web サイトから、Service Pack ファイル(C3D2008_SP2.exe)をローカル コンピュータにダウンロード(zip の場合はダウンロードおよび解凍)します。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次の情報を入力して[OK]をクリックします。

    <ローカル ドライブ>:¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ>:¥<パッチ名.msp>

  3. 製品メディアをセットして、[配置を作成]を選択します。
  4. 配置の場所を選択して名前を指定し、[次へ]をクリックします。
  5. インストールする製品を選択し、[次へ]をクリックします。
  6. [環境設定]ページで、[環境設定]ボタンをクリックして配置をカスタマイズします。
  7. 配置のカスタマイズを続行します。[Service Pack を含める]ページで、[…] (参照)ボタンをクリックし、ダウンロードして実行可能ファイルから抽出した MSP ファイルの場所を指定します。
  8. Service Pack の結合インストール オプションを選択します。インストールを結合すると、製品のインストール時に Civil 3D と Service Pack の両方がインストールされます。
  9. : Service Pack を含める方法として[Service Pack を管理イメージの MSI ファイルに合成する]を選択する必要があります。管理イメージを追加するオプションは選択しないでください。このオプションを選択すると、インストールに Service Pack が含まれません。

  10. カスタマイズが完了したら[環境設定の完了]を選択し、[配置を作成]を選択します。

AutoCAD Civil 3D 2008 の Service Pack 2 を既存の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージに追加する

: AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 を既存の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージに適用する前に、すべてのクライアント コンピュータが Service Pack 2 に更新済みであることを確認してください。

補足: Service Pack 2 が未適用の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージからネットワーク インストールしたクライアント コンピュータに Service Pack 2 を適用する際、Service Pack 2 はサーバ上の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージを確認しに行きます。 その際、サーバ上の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージに先に Service Pack 2 を適用してしまうと、Service Pack 2 未適用のクライアント コンピュータからオリジナルの MSI (AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージ) が確認できなくなってしまいます。 Service Pack 2 未適用の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージからインストールしたすべての クライアント コンピュータに Service Pack 2 が適用されるまでの間は、サーバ上の AutoCAD Civil 3D 2008 管理イメージへの Service Pack 2 の適用は控えてください。

  1. オートデスクの Web サイトから、Service Pack ファイル(C3D2008_SP2.exe)をローカル コンピュータにダウンロード(zip の場合はダウンロードおよび解凍)します。
  2. Windows の[スタート]メニューから、[ファイル名を指定して実行]を選択します。次の情報を入力して[OK]をクリックします。

    <ローカル ドライブ>:¥<パッチ名> /e <ローカル ドライブ>:¥<パッチ名.msp>

  3. 既存の AutoCAD Civil 3D 2008 の配置を作成したコンピュータには、[<配置名> の修正]ショートカットがあります。このショートカットをダブルクリックします。
  4. インストール フレームワークでは、配置の新しい名前または場所を選択できます。
  5. [配置を開始]ページで、新しい名前を指定するか、元の名前をそのまま適用します。
  6. [確認 - 環境設定 - インストール - 配置を作成]ページで、必要な変更と確認を行います。
  7. [環境設定]をクリックします。[Service Pack を含める]ページで、適切な変更を行い、[…] (参照)ボタンをクリックし、ダウンロードして実行可能ファイルから抽出した MSP ファイルの場所を指定します。
  8. Service Pack の結合インストール オプションを選択します。インストールを結合すると、製品のインストール時に Civil 3D と Service Pack の両方がインストールされます。

    : Service Pack を含める方法として[Service Pack を管理イメージの MSI ファイルに合成する]を選択する必要があります。管理イメージを追加するオプションは選択しないでください。このオプションを選択すると、インストールに Service Pack が含まれません。

  9. カスタマイズが完了したら[環境設定の完了]を選択し、[配置を作成]を選択します。これらの手順を完了すると、それ以降に配置する AutoCAD Civil 3D 2008 には自動的に Service Pack が適用されます。

AutoCAD Civil 3D 2008 の既知の問題

ツール パレットから Civil 3D アセンブリをブロックとして挿入する場合は、[ツール プロパティ]ダイアログ ボックスの[分解]オプションが[いいえ]に設定されていることを確認してください。[分解]オプションで[はい]を選択すると、サブアセンブリの構成部分が図面ウィンドウ内に散在してしまいます。この問題の対応策として、アセンブリの挿入後にブロックを分解するようにします。


[カスタマー エラー報告]ユーティリティで報告された AutoCAD Civil 3D 2008 の問題

[カスタマー エラー報告]ユーティリティによって寄せられた情報を詳細に分析した結果、次の領域で多くの問題が特定され、解決されました。

AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 で解決された問題

この Service Pack により、70 項目以上の問題が解決されています。Readme のこのセクションでは、過去にデータの消失や Civil 3D の予期しないエラーの原因となっていた問題、または機能の変更に伴う問題を記載します(いずれも解決済みです)。

一般

プロジェクト管理

コリドーの設計とサブアセンブリ

グレーディングと計画線

ラベル

区画

平面図作成

縦断と縦断ビュー

線形

パイプ

ポイント

横断ビュー

測量

サーフェス

テーブル

AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 2 の既知の問題

AutoCAD Civil 3D 2008 Service Pack 1 で解決された問題

この Service Pack により、次の問題が解決されています。

一般
  • 作業中にAUDIT[監査]コマンドを正常に実行できない原因となるいくつかの問題が解決されました。ただし、破損した図面を修復する必要がある場合は、[ファイル] > [図面ユーティリティ] > [修復]コマンドを使用することをお勧めします。
  • 単位がフィートまたはメートルに設定されていない場合に図面の尺度を変更すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • データ ショートカット ファイルを読み取り専用フォルダに書き出しても、プログラムが異常終了しなくなりました。
  • データ ショートカットの使用中にリアルタイム ズームまたはリアルタイム画面移動を使用すると、プログラムが反応しなくなる問題が解決されました。
  • [イメージをドレープ]ダイアログ ボックスに関する問題が解決されました。このダイアログ ボックスでは、既定のイメージとサーフェスの値が表示されるようになりました。
  • ドラッグ アンド ドロップ機能で帯スタイルをコピーした後に、新しい .dwt ファイルを保存すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • オブジェクト リスト ビューでラベル スタイルを並べ替えると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • COM API の aeccxland を使用すると、ソフトウェアの終了時にプログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • メモリ リークに関するいくつかの問題が解決されました。

線形

  • [線形レイアウト]ツールバーを使用して線形を作成する際に、曲線設定を変更できるようになりました。これまでは、曲線設定を変更した場合、[線形レイアウト]を再起動して IP の位置に曲線を挿入する必要がありました。
  • [線形プロパティ]ダイアログ ボックスの[横断勾配摺り付け]タブのスクロール バーに関する問題が解決されました。これまでは、パラメータをスクロール表示できませんでした。
  • 反転した線形のラベルを移動したり、反転した線形を新しいサイトに移動しても、プログラムが異常終了しなくなりました。
  • [LandXML を読み込み]コマンドを使用して読み込んだ線形を反転しても、線形ジオメトリが分割されなくなりました。この現象は、緩和曲線を含んだ線形で発生していました。
  • API が更新され、AeccAlignmentsSiteless::AddFromPolyline が導入されました。これを使用すると、ポリラインからサイトの外側に線形を追加できるようになります。
  • [サイトに移動]ダイアログ ボックスで線形を[サイト: <なし>]に移動しても、図面を再度開くことができるようになりました。

平面図の作成

  • 単一の新しい図面に複数のシートを作成した場合、重複する空のサイトが作成されなくなりました。
  • シート図面から平面図セットへの外部参照で相対パスを使用できるようになりました。
  • ビュー フレーム名テンプレートで 128 文字以上の文字を使用できるようになりました。
コリドーの設計とサブアセンブリ

グレーディングと計画線

  • 長方形フィーチャで[曲線にフィット]コマンドを使用すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • スムージングした計画線からグレーディングを行うと、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • 別々のサイトで終点と終点を接続したポリラインに対して[結合]コマンドを使用すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • 法面展開線にアタッチしている別のグレーディングを含むグレーディングをグリップ編集する場合に、正常に反応するようになりました。これまでは、グレーディングの始点と終点が計画線の始点と終点になかった場合、コーナーにスナップされることがありました。
  • グレーディングが不完全になる原因となった問題が解決されました。これまでは、隣接するセグメントが接線でない場合、半径を超えてグレーディングすることができませんでした。
  • ソース グレーディング オブジェクトの編集内容に応じて、グレーディング サーフェスが正しく更新されるようになりました。これまでは、グレーディングを編集した場合、[再作成 - 自動]の設定をオンにしてもグレーディング サーフェスと縦断は更新されませんでした。
  • スプライン計画線からのグレーディングが正常に機能するようになりました。ただし、旧バージョンの AutoCAD Civil 3D で作成した図面については、スプラインを再計算してからグレーディングを行う必要があります。スプラインを再計算するには、MOVE[移動]コマンドで変位/移動距離を 0.0,0.0,0.0 に指定して計画線を移動します。
  • 計画線の外側にグレーディングする場合に、勾配とサーフェスの基準を 5:1 に編集すると、プログラムが反応しなくなる問題が解決されました。
  • グレーディングの編集を元に戻しても、隣接する交差しないグレーディングが消去されなくなりました。
  • 法面展開線が摺り付けの内側の円弧に沿って正しく作成されるようになりました。
  • 法面展開線にアタッチしている別のグレーディングを含むグレーディングをグリップ編集したときに発生する問題が解決されました。これまでは、法面展開線が表示されず、プログラムが異常終了していました。
  • 摺り付けの標高ポイントで不適切な勾配が作成される問題が解決されました。これまでは、標高ポイントの勾配がいずれかの側のグレーディングより急になっていました。
  • [結合]コマンドを使用して、異なるサイトから計画線を接続できなくなりました。これまでは、この操作を行おうとすると、プログラムが異常終了していました。測量図形は接続されず、結合できないことを通知するメッセージが表示されるようになりました。
  • 計画線がグレーディングと交差しても、プログラムが異常終了しなくなりました。

ラベル

  • 区画セグメントのラベルを選択するために、そのラベルをクリックできるようになりました。これまでは、[Ctrl]を押しながらクリックして区画セグメントのラベルを選択する必要がありました。
  • 測点標高縦断ビュー ラベルに測点標高値が表示されるようになりました。これまで縦断ビューには、未処理測点の値しか表示されませんでした。
  • デルタ角度が 180 度より大きい場合、円弧ラベルで外接線の負の値がレポートされなくなりました。
  • 旧バージョンの AutoCAD Civil 3D の図面を開く場合、元のドラッグした位置をラベルで保持するようになりました。
  • AutoCAD Civil 3D 2008 を使用する場合、旧リリースで作成した図面の縦断勾配変化点ラベルが優先設定を保持するようになりました。
  • 指定した画層に一般ラベルが作成されるようになりました。
  • 正確な値のデルタ角度がラベルに表示されるようになりました。これまでは、デルタ角度の半分の値だけがラベルに表示されていました。
  • シート セット ファイル(.DST)が元の位置にない場合、マッチ ライン ラベルにシート番号が表示されるようになりました。
  • 線形ジオメトリ ポイント ラベルの測点番号に関する問題が解決されました。正確な値が表示されるようになりました。

  • [ラベルのドラッグ]タブ([ラベル スタイル管理]ダイアログ ボックス)の[ドラッグされた状態のコンポーネント]の[表示]コントロールに関する問題が解決されました。これまでは、[作成されたとおり]に設定した場合、挿入ポイントからラベルをドラッグすると、引出線は移動しますが、ラベルは元の位置のまま変わりませんでした。

区画

  • 区画線ラベルおよび計画線ラベルで正確な外接線の値がレポートされるようになりました。デルタ角度が 180 度より大きい場合、区画線ラベルと計画線ラベルで外接線の負の値がレポートされなくなりました。
  • 区画曲線テーブルで外接線の正確な値がレポートされるようになりました。
  • 多数の区画を含む複数のサイトで構成される図面に対して[修復]コマンドを使用する場合、正常な結果が得られるようになりました。
  • [サイトから線形を削除]コマンドを使用しても、線形データと縦断データが壊れなくなりました。
  • [スライド角度 - 作成]および[スライド方向 - 作成]オプションを使用して、区画を分割しても、プログラムが異常終了しなくなりました。
  • 区画面で[オフセット]コマンドを使用する際に発生していた問題が解決されました。これまでは、隣接するセグメントが接線でない場合、正常にオフセットされない現象が発生していました。

縦断と縦断ビュー

  • [縦断ビュー]ウィザードの[一般]ページで異なる線形を選択した場合に、[帯]ページが正しく更新されるようになりました。これまでは、[一般]ページで線形を変更すると、帯のプロパティが更新されなかったため、縦断ビューの作成時のデータが不正確になっていました。
  • 線形を別のサイトに移動すると、縦断が表示されなくなる問題が解決されました。
  • [縦断レイアウト パラメータ]で値を入力して[展開]ボタンをクリックすると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [レイアウトで縦断を作成]コマンドを使用する際に、曲線設定を変更して縦断を作成できるようになりました。
  • [縦断ビュー プロパティ]ダイアログ ボックスの[帯]タブの[帯を読み込み]コントロールに関する問題が解決されました。これまで帯は、現在の縦断ビューの線形ではなく、元の線形を参照していました。
  • [縦断ビューの分割]オプションが指定されていても、縦断ビューに複数の縦断が含まれていないために不要な場合は、縦断ビューの描画時にメインのスタイルが適用されるようになりました。
  • 縦断ビュー ラベルと横断ビュー ラベルに正確な水平尺度係数と鉛直尺度係数の値が表示されるようになりました。
  • [縦断ビュー プロパティ]の[帯]タブで横断帯用の[縦断 1]フィールドと[縦断 2]フィールドが導入され、別のサーフェスを読み込む際に縦断を変更できるようになりました。
  • [レイアウトで縦断を作成]コマンドと[縦断測点標高]割り込みコマンドを同時に使用すると、測点のエントリに 0.0000 を入力できるようになりました。

パイプ

  • 縦断ビューで構造物がラベル付けされるようになりました。これまでは、パイプしかラベル付けされませんでした。
  • オプションが追加され、ポリラインからネットワークを作成する際に[Null 構造物]を選択できるようになりました。
  • 構造物名を編集したときにパイプ テーブルが更新されない問題が解決されました。
  • [プロスペクター]のリストで最後のパイプまたは構造物を削除すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [パイプ プロパティ]でパイプ スタイルを変更したときに発生する問題が解決されました。これまでは、使用できないパーツ サイズを選択すると、イベント ビューアにメッセージが表示されず、正しくないサイズが選択されていました。カタログにないパイプ サイズを選択した場合、使用可能な最も近いサイズにパイプ サイズが変更されるという通知がイベント ビューアに表示されるようになりました。
  • 縦断ビューのパイプ ラベルと構造物ラベルに式の計算値が正しく表示されるようになりました。
  • パイプ ネットワーク ラベルをマイグレートしたときに発生する問題が解決されました。これまでは、ネットワークの 1 つのパイプにラベルが付けられている場合、AutoCAD Civil 3D で図面を開いたときに、そのラベルは表示されませんでした。
  • パイプ構造物が無効になる問題が解決されました。これまでは、図面に無効な構造物が含まれている場合、構造物ラベルが表示されませんでした。また、平面図で正常に作成した構造物ラベルも縦断ビューに表示されませんでした。この Service Pack には AeccNetwork.dbx が含まれています。
  • [LandXML に書き出し]コマンドを実行すると、線形データに基づいてパイプ ネットワークが正しく書き出されるようになりました。これまでは、関連付けた線形データがない場合、縦断ビューでパイプと構造物が不正確に描画され、線形測点の開始測点が 0+0 と表示されていました。
  • 縦断ビュー ラベルでユーザ定義の式の値が正しく表示されるようになりました。これまでは、値が疑問符で表示されていました。
  • [プロスペクター]で[パイプ ネットワーク]を使用する際のパフォーマンスが向上しました。
  • [パイプ ネットワーク]ビスタでパーツを削除したときに発生する問題が解決されました。これまでは、[ネットワーク レイアウト ツール]ダイアログ ボックスから[パイプ ネットワーク]ビスタを開いて複数のパーツを削除すると、ビスタを閉じるときにプログラムが異常終了していました。レイアウト モード時にビスタからパーツを削除する場合のオプションがなくなりました。[パイプ ネットワーク]ビスタでパーツを右クリックして[削除]を選択すると、「レイアウト モードでパーツを消去するには、ネットワーク編集ツールバーの[削除]ボタンを使用する必要があります」というメッセージが表示されるようになりました。パーツを削除するには、この代替方法を使用します。
  • LandXML にパイプ ネットワークを書き出したときに発生する問題が解決されました。これまでは、2 つのネットワークに同じ名前のパーツが含まれている場合、これらのネットワークは書き出されませんでした。
  • 既存の参照ネットワークに追加したパイプと構造物が参照図面の適切なスタイルで表示されるようになりました。
  • ネットワークから作成した線形にパイプ ネットワーク名が表示されるようになりました。これまでは、パイプ ネットワーク名が疑問符(???)で表示されていました。
  • 無効な縦断を構造物に追加できなくなりました。これまでは、無効な縦断を追加した後に削除しようとすると、プログラムが異常終了していました。

ポイント

  • アイテム リスト ビューで、ショートカット メニューを使用してポイントをロックまたはロック解除しても、プログラムが異常終了しなくなりました。
  • ポイントの変換で正常な結果が得られるようになりました。これまでは、多数のポイントを変換すると、不完全なポイント ファイルが作成され、プログラムが反応しなくなってしまいました。
  • 円形グリップを使用してポイント ラベルを移動すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • ロックされた画層上にあるポイント グループのポイントをグリップ編集すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。最良の対応策としては、ポイント グループをすべて画像 0 に配置することをお勧めします。
  • 尺度が適用されているポイント マーカーからポイント ラベルをドラッグした場合に、正常な結果が得られるようになりました。
  • ポイント スタイルのオプションが更新され、カテゴリ[引出線がマーカーで途切れています]が導入されました。このオプションでは、マーカーの中心または外側のエッジから引出線を延長するよう設定できます。
  • 注釈キーでポイントを読み込む場合、適切な画層にポイントが挿入されるようになりました。これまでは、すべてのポイントが画層 0 に挿入されていました。
  • 外部データ参照のポイントの標高がサーフェス データで正しく使用されるようになりました。標高は、ポイント グループの表示順序を基準にして制御されなくなりました。

横断ビュー

  • 外部参照からサーフェスを参照して作成された横断が正常に機能するようになりました。これまでは、[横断抽出ライン グループ]で、抽出したソースを削除しても、グループから横断が削除されませんでした。
  • 外部参照から作成した横断の帯設定と標高のデータが正確になりました。
  • [帯を読み込み]コマンドを実行すると、現在の横断ビューの横断抽出ラインが参照されるようになりました。これまでの[帯を読み込み]コマンドでは、元の横断抽出ラインが参照されていました。
  • 旧バージョンの AutoCAD Civil 3D で作成した横断ビューの主グリッド ラベルを AutoCAD Civil 3D 2008 で開いた場合、このラベルのデータが正確になりました。

測量

  • オフセット図形で正確な標高が表示されるようになりました。
  • 図形接頭語と図形名が一致しない問題が解決されました。これまでは、同じ接頭語の画層を使用して、重複する名前を図形のセットに付けた場合、適切な画層に 1 つの図形しか割り当てられませんでした。その他の図形は画層 0 に割り当てられていました。
  • 測量ネットワーク名と測量グループ名の文字数が 128 文字に制限されるようになりました。
  • [トラバース エディタ]を開いたり非表示にしているときにトラバースを削除すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [測量コマンド ウィンドウ]の[表示]メニューのコマンドが正常に機能するようになりました。
  • フィールド ブック ファイルを複数回読み込んだり書き出しても、後視観測情報が壊れなくなりました。
  • 図形 - C3 曲線コマンドを使用する場合、2 番目のポイントから標高が取得されるようになりました。
  • 編集済みの測量データを含む図面を再度開くと、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [測量ポイント エディタ]でポイントを編集すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • アイテム リスト ビューで図面内の図形を変更しようとすると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [Survey LandXML を読み込み]コマンドを使用すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [角度]オプションを使用して図形を変更すると、プログラムが反応しなくなる問題が解決されました。
  • リスト ビューや図形のプロパティで図形のブレークラインまたは区画線のステータスを変更しても、プログラムが異常終了しなくなりました。
  • フィールド ブックを書き出す際に、方位の角度のタイプがラジアンに変換されなくなりました。
  • 測量ポイント グループにポイントを追加する場合、複数選択オプションが正常に機能するようになりました。
  • [最小二乗解析]コマンドを使用すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [図形スタイル]ダイアログ ボックスの[3D ジオメトリ]タブで、[図を標高に対して平坦にする]および[図標高を尺度係数で異尺する]オプションを指定した場合、正しい結果が得られるようになりました。
  • [図形を変更] > [新規図形を開始]コマンドを使用する場合、図形が正しい方向で描画されるようになりました。これまでは、方位を指定するプロンプトで Y 軸ではなく X 軸からのオフセットが使用されていました。
  • 測量 API による ActiveX スクリプトを実行したときに発生する問題が解決されました。これまでは、空白のエラー ダイアログ ボックスでスクリプトが中断されていました。このダイアログには、エラー メッセージは表示されませんが[OK]ボタンがあり、このボタンをクリックするとスクリプトが再開されました。ActiveX スクリプトは正常に実行されるようになりました。
  • LandXML コントロール ポイントの座標が、最初に指定したポイントとして適用されるようになりました。これまでは、[トラバース解析]ダイアログ ボックスでトラバース解析を実行すると、指定したポイントの座標が不明であるというエラー メッセージが表示されていました。
  • LandXML データを読み込む場合に、同じポイント番号のインスタンスが複数作成される問題が解決されました。
サーフェス
  • [自動サーフェス作成]オプションがオンになっているグレーディング オブジェクトを移動し、[アタッチ解除されたサーフェスを作成]コマンドを使用して、そのグレーディング オブジェクトからアタッチ解除されたサーフェスを作成すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • [ウォーター ドロップ]コマンドを使用すると、プログラムが反応しなくなったり異常終了する問題が解決されました。
  • [サーフェス プロパティ]ダイアログ ボックスの[解析]タブでサーフェス範囲の土量解析を作成する場合に、正しい結果が得られるようになりました。
  • 異なる線形プロパティが指定された文字オブジェクトに関する問題が解決されました。これまでは、このような文字オブジェクトをサーフェス定義に追加すると、サーフェスが正しく作成されない場合がありました。
  • DEM をソース データとして使用して作成した TIN サーフェスの DEM 範囲を読み込んだときに発生する問題が解決されました。これまでは、ポリラインと DEM が正確に適合しませんでした。
  • [サーフェス プロパティ]ダイアログ ボックスの[解析]タブでユーザ定義の等高線解析を定義する場合に、選択した等高線の標高を 0 に編集すると、プログラムが異常終了する問題が解決されました。
  • 旧バージョンでは、[図面オブジェクト] > [文字]をサーフェス定義に追加する場合、マルチ テキスト オブジェクトしか使用できませんでした。AutoCAD Civil 3D 2008 では、文字オブジェクトおよびダイナミック文字オブジェクトも読み込むことができるようになりました。
  • 等高線ラベルが目的の国際基準に適切に準拠するようになりました。
  • サーフェス スタイルで定義したサーフェスの 3D 異尺の設定が他のオブジェクトと一貫して適用されるようになりました。これまでは、例としてサーフェスの標高をポイントと同じ係数に異尺した場合、3D 表示で確認する際にサーフェスの標高が同じ標高で表示されませんでした。
  • サーフェスを消去したり再作成しても、プログラムが異常終了しなくなりました。

テーブル

  • [複数選択]オプションで図形セグメント テーブルを作成する場合に、結果が正しく表示されるようになりました。これまでは、図面を保存して閉じると、テーブル データが消失してしまいました。
  • 分割テーブルを選択すると、図面内のテーブルがすべて選択されるようになりました。分割テーブルを選択して右クリックし、[分割テーブル]コマンドを選択すると、図面内のすべての分割テーブルが適切に結合されます。
  • テーブル関連のコマンドに関する問題が解決されました。これまでは、EditParceltagNumbers コマンド、RemoveTableSelSetByLStyle コマンド、および区画線/曲線テーブルの作成ダイアログ ボックスの[画面でクリック]オプションが正常に機能しませんでした。
  • [タグの再番号付け]ダイアログ ボックスで開始番号を変更したときに発生する問題が解決されました。
  • Windows 2000 を使用する場合に、オブジェクト プロパティ マネージャでラベル プロパティが正しく表示されるようになりました。

AutoCAD Map 3D 2008 Service Pack 1 の一般的な更新

SHP ファイル

印刷

一般的な問題

AutoCAD ブロック

スタイル エディタ

Oracle 接続

API ユーザ

この Service Pack に含まれている AutoCAD 2008 修正パッチ

AutoCAD 2008 Service Pack 1 の一般的な更新

.NET API

64 ビット

  • vl-arx-import は、VLX とは別の名前空間に対して機能するようになりました。
  • i-drop は正常に動作します。

注釈尺度

  • 名前の付いたビューをシート セット マネージャからホスト図面にドラッグ アンド ドロップしたときの注釈尺度機能は、正常に動作するようになりました。
  • ネストした外部参照内に存在するカスタム尺度は、ホスト図面に複製されなくなりました。
  • DesignCenter の異尺度対応図形から作成されたツール パレット内のブロックは、異尺度対応となりました。

属性

  • 図面を保存して開くたびにマルチ テキスト属性の位置が変わることはなくなりました。
  • 属性定義の[値]フィールドを[プロパティ]パレットで修正できるようになりました。

ブロック

  • 挿入したブロックの Y 方向の尺度は、正確に尺度変更されるようになりました。

コミュニケーション センター

  • コミュニケーション センターは、既定で有効になりました。

ダッシュボード

  • ダッシュボードのパネルの設定は、異なるワークスペースおよびユーザ セッションにわたって保持されるようになりました。

データ書き出し

  • ダイナミック ブロックのどのプロパティも、正しく書き出されるようになりました。

寸法記入

  • 径寸法の寸法補助円弧は場合によって無効になり、小さな半径寸法を記入できるように仕様が戻されました。
  • インプレイス寸法値エディタが正しい大きさで表示されるようになりました。
  • 丸めた寸法値が正しく表示されるようになりました。
  • 寸法の部分削除によって AutoCAD がハングすることがなくなりました。

表示

  • ズーム操作を行っても線種が常に正しく表示されるようになりました。

DWG

  • 切り取り/貼り付けは、2000 形式で保存した後に AutoCAD 2004、AutoCAD 2005、または AutoCAD 2006 形式で再保存した図面で動作するようになりました。

E-トランスミット

  • [既存の図面ファイル形式を保持]を有効にして ETRANSMIT[e-トランスミット]コマンドを使用した場合、AutoCAD 2000 および Release 14 ファイル形式は保持されます。

フィールド

  • [図面名]フィールドが常に正しく印刷されるようになりました。

ハッチング

  • BHATCH[境界ハッチング]コマンドの境界検出方法が改善されました。

イメージ

  • システム変数 IMAGEFRAME を 0 に設定すると、イメージ フレームは印刷および表示されなくなりました。

レイアウト

  • レイアウト タブにアンパサンド文字(&)を入力できるようになりました。

マルチ引出線

  • マルチ引出線ブロック内の属性の位置は、中心を外れなくなりました。
  • マルチ引出線の文字は、勝手に回転しなくなりました。
  • UCS が回転していても、マルチ引出線の属性は中心を外れなくなりました。

マルチ テキスト

  • マルチ テキストのタブ文字は、旧 DWG 形式にも正しく保存されるようになりました。
  • 日本語のいくつかの文字が正常に表示されるようになりました。
  • ポルトガル語(イベリアおよびブラジル)のディクショナリに、大文字のアクセント文字が追加されました。

開く/保存

  • エクスプローラから複数の図面を開いても、それらの図面を含む AutoCAD のインスタンスが 1 つのみ起動されます。

オブジェクト スナップ

  • ブロック内でも、オブジェクト スナップは正しく動作するようになりました。

PDF 書き出し

  • ラスター イメージは、PDF に正しく出力されるようになりました。

パフォーマンスの調整

  • 新しいドライバが存在しない場合、[新しいドライバ]バブルは表示されません。

印刷

  • 回転した MrSID イメージの印刷パフォーマンスが改善されました。

  • データ リンクされたセルが、正しく書式設定されるようになりました。
  • PASTESPEC[形式を選択して貼り付け]コマンドを使用した場合、Excel の書式設定は保持されます。

ツール パレット

  • アイコンが途中でカットされることがなくなりました。

表示スタイル

  • ズーム操作を繰り返しても、線が間違って表示されたり、不要なものが表示されることがなくなりました。

外部参照

  • 図面の参照パスが長くても、正しく参照されるようになりました。

この Service Pack の既知の問題

  • 問題: Service Pack 1 を適用すると、選択しているワークスペースに関係なく、すべてのダッシュボード コントロール パネルが表示されます。
    対策: 現在のワークスペースとして、希望のワークスペースを選択します。

[カスタマー エラー報告]ユーティリティで報告された AutoCAD 2008 の問題

[カスタマー エラー報告]ユーティリティによって寄せられた情報を詳細に分析した結果、次の領域で多くの問題が特定され、解決されました。
  • .NET API
  • 2D 表示
  • 3D 表示
  • 3D ナビゲーション
  • 注釈尺度
  • 属性
  • ブロック
  • コピーと貼り付け
  • 品質向上プログラム
  • ダッシュボード
  • Design Center
  • 寸法記入
  • DWF 作成
  • e-トランスミット
  • 外部参照
  • ファイル ナビゲーション
  • ハッチング
  • 隠線処理
  • イメージ
  • 情報センター
  • 画層
  • レイアウト
  • 光源
  • マテリアル
  • マルチ引出線
  • マルチ テキスト
  • オブジェクト編集
  • オブジェクトのリンクと埋め込み(OLE)
  • 開く、保存、閉じる
  • オプション
  • オブジェクト スナップ
  • 印刷
  • プロパティ パレット
  • マルチシート DWF パブリッシュ
  • 想定外のクラッシュ
  • 修復
  • レンダリング
  • 選択
  • シート セット マネージャ
  • 標準仕様
  • 文字
  • ツール パレット
  • ツールチップ
  • トリム
  • 元に戻す、やり直し
  • ビューポート
  • Visual LISP

 


Copyright (c) 2007 Autodesk, Inc.