Autodesk Vault 2012 Update 1 for Autodesk Vault 2012、Autodesk Vault Workgroup 2012、Autodesk Vault Collaboration 2012、Autodesk Vault Professional 2012
2011 年 10 月

リリース ノート: Readme ファイル
Autodesk, Inc.

高品質な製品を提供するための継続的な取り組みとして、オートデスクは Autodesk Vault 2012 Update 1 (Client および Server) for Autodesk Vault 2012、Autodesk Vault Workgroup 2012、Autodesk Vault Collaboration 2012、Autodesk Vault Professional 2012 をリリースしました。これらのリリースでは、各リリースに関するさまざまな問題に対する修正や対処が行われています。この Readme ファイルでは、Update のインストール方法、修正された内容、および Update のダウンロード方法について説明します。





ダウンロード サイト

インストール方法

注意: これらの指示に正しく従わなかった場合は、サイトを使用できなくなることがあります。この手順は、単一サイト、マルチ サイト、および接続ワークグループの配置に適用されます。

注: 本 Update を適用する前に、バックアップが正常に完了しているか必ず確認してください。

Update 1 のインストール - すべての Autodesk Data Management Server (ADMS)に適用されます。

  1. コマンド プロンプトに「iisreset」と入力して、Web サービスを再起動します。
  2. ADMS サーバで Autodesk Vault 2012 Update 1(Server).msp を実行して、Update をインストールします。
    1. ADMS を開かないでください。データベースのマイグレーションは、最後の手順で行います。
  3. すべての ADMS サーバで、上記の手順を繰り返します。
    1. ADMS を開かないでください。データベースのマイグレーションは、最後の手順で行います。
  4. ADMS Console を開きます。
  5. すべてのデータベースが最新バージョンに完全にマイグレーションされていることを確認します。
    1. マイグレーションされていないデータベースとライブラリをすべてマイグレーションしてから、次に進みます。
    2. 注: 単一の ADMS Console を、マルチサイト(ファイル複製)で使用したり、公開者ワークグループ上のみでの接続ワークグループ(ファイル複製と SQL 複製)で使用すれば十分です。
  6. ADMS Console アプリケーションを閉じます。

データベースの更新 - 所定の Autodesk Data Management Server (ADMS)インスタンスの 1 つから、1 回だけ適用します。

  1. 注意: すべての ADMS サーバに Update 1 を適用するまで、先に進まないでください
  2. ADMS Console の 1 つのインスタンスを、単一サイト、マルチサイト(ファイル複製)、および公開者ワークグループ上のみでの接続ワークグループ(ファイル複製と SQL 複製)で使用します。
  3. コマンド プロンプトを起動して、Connectivity.ADMSConsole.exe のインストール フォルダに移動します。
  4. ADMS Console を開き、データベースのマイグレーションを実行します。

検索インデックスの再作成 - すべての Autodesk Data Management Server (ADMS)に適用されます。

  1. Autodesk Data Management Server Console を開き、検索インデックスの再作成を開始します。

対処された問題

著作権情報